コラム

2017年2月21日 (火)

10年前 ー 股関節回転講座・東京教室

中村考宏先生のサイトで東京教室(「骨盤おこしトレーニング」「構造動作トレーニング」「股関節回転講座」とタイトルは変わって来たが)が今年で10年になると書かれていた。

もうそんなになるのか。

思えば最初に骨盤おこしを紹介してもらった時、その「骨盤を起こす=骨盤立位」の発想の過激さびっくりしたものだった。
今まで考えたこともない骨盤のポジション。
しかし実際にその方向にポジションをとると明らかに動きやすくなる。どうもこのやり方は「確からしい」という予感で、毎月東京への出張をお願いすることになった。もちろん続けたい、という参加者がたくさんいたからでもある。

当時、骨盤を起こすと、と言っても「立位」というほど股関節が動かなかったが、上体が斜めに傾いてしまう。でもその時の骨盤が「まっすぐです」と中村先生は言う。
この傾いた上体はどうするのか。「まっすぐな骨盤の上に、やがて乗ってくる」と言われたが、腰椎の5番あたりから折れて上がってくるのかな、と当時は想像した。今思えば滑稽だが、実際そんなことを参加者同士で話していた。

背中が収縮して肩甲骨と骨盤の間が近づいてくるのだ、と言われてもなんのことやらわからなかった。
それが今ならすんなり受け入れられる。というより当然そうなっていく、と言える。
なるほど、と腑に落ちれば、あとは実際にそうなるだけだが、それにはコツコツと地味にトレーニングに取り組む必要があった。

しかし毎回のように自分のからだについての発見があるし、縁遠かった解剖学の知見が、私が専門としていた武術の技に直接役立つものであることを知って、自分の身体が豊かになっていった10年であった。
「自分の感覚」という一聴、自主的、自立的に聞こえる言葉が、それに頼っていたら下手をすると10年同じ場所をグルグル巡っているだけだったかもしれなかった。
それが構造動作トレーニングと出会って、当たり前に動くための骨格ポジション、運動の方向性を学ぶことで、「自分の感覚」をより広げていくことができた。

そして10年の間、常に付いて回ったことは、「実際にやったかやらないか」ということだった。
闇雲にやっても仕方ないが、10年経って構造動作トレーニングの示す指針は、おそらく確からしい、という感触を得ている。
ならばその指針の示す方向でとにかく動いてみることで次に行ける。その繰り返しだ。
コツコツやるのを楽しめることが、本来怠け者の自分にとっては不思議な気がする。

参照ブログ
仙骨の目覚めから股関節の柔軟性アップ!股関節回転講座・東京教室 

東京教室のお知らせ
2/24・25【技アリ企画】股関節回転講座・東京教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

身体の機能と意識の幸せな関わり

本日開催した動作術の会@門前仲町、テーマ「シリーズ〈俯瞰する意識〉 ─ 筋肉の伸張反射をコントロールする」ですが、筋肉の伸長反射とか等尺性収縮とかの怪しい言葉に集まっていただいた方々、ありがとうございます。

このテーマは動作術の3つの原則である、

「重心を保つ 形を保つ 力を保つ」

そのものの稽古だ。

等尺性収縮による腱に蓄積されるエネルギーを使う稽古なのだが、そのポイントは収縮した筋肉をいかに緩めるか、にある。

今回はそのためのアイデアをいくつか提示して稽古した。

筋肉を緩めるといえば、一番わかりやすいのは息を吐くことだ。

あとは形を保った上でどう力を加えるか、ということで一般的には押したり引いたりを、そうされないように耐えてもらうこと。

一人稽古の場合は、形を保ったまま壁に寄りかかる、というのもいい。

例えば壁に向かってもたれかかる体を拳で支える「斜め拳立て」。前腕に体重をかけてふぅーと息を吐くと、瞬間体が壁から離れるのでそのまま腕を伸ばして体を壁から離す。

体が一気に壁から離れて立位になる程の反射は起きないので、反射をきっかけに腕で押して立位になる。それでも力でするより、断然楽に行える。

背中から壁に倒れてもたれかかり、同様に息を吐くと、おへその裏側あたりが一瞬前に出る。これも壁から離れて立ち姿勢になるほどの反射は起こらないが、一瞬の動きをきっかけにもたれた姿勢から立位へと移動すると楽に動ける。

このように重量や抵抗を使って等尺性収縮の状態を作り、息を吐く、片足を浮かせる、など収縮が緩む工夫をすると伸長されて蓄積された腱のエネルギーが解放されて、大きな力が発生する。

これらはそうなるように姿勢を整えることは意識的に行えるが、反射そのものに意識は介入させることはできまない。ここはきちんと観察者になることを学ぶしかない。

また実際に反射によって自分の体が動いたり、相手が崩れたりしても、どんな風に筋肉が働いたか実感しようとするとうまくいかない。

実感した時には反射はない。意識は姿勢などの環境づくりと、筋収縮が緩むきっかけを与えるだけで、その過程を意識することはできない。反射とは無意識の領域にあるからだ。

意識は「このようなことをしたら、こんなことが起こった」と知ることしかできず、またそれでいい。

伸長反射の活用はシステムのスイッチを押すようなもので、過程を追う必要はないし、しようとしてもできないと覚悟しなくてはならない。

なんでも知りたがる人間にとっては難しい稽古である。しかしそのようにすると体はスラスラと動き出す。

対人の稽古はプレッシャーがあるので、そのような意識状態になるのはさらに難しいが、それがある程度コントロールできるようになれば、一人で動くことが驚くほど楽になる。

対人でコントロールすることと比べれば、自分一人のコントロールは本当に楽なのだ。

こう考えると対人の稽古は、一人で動くことの質を高めるために行うのかもしれない。人を崩したり倒したりすることはそのための過程に過ぎないと思えてくる。

こうした稽古からは身体の機能と意識の幸せな関わり方を学ぶことができる。

そして現代はいかに意識によって身体が傷つけられているかも知ることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

摔跤(シュワイジャオ)の練習の面白さ

9月に初めて技アリ企画で取り上げた、駒井雅和さんの「本体組技研究会・練習会 ─ 摔跤(シュワイジャオ)の練習法」。

駒井さんといえば韓氏意拳の教練として入門(紹介
)講習会を技アリ企画で指導していただいているが、もう一つ「本体組技研究会」主宰の顔を持っています。
本体組技研究会のサイトによると、次のような説明があります。

             ▼

本体組技研究会は、世界各地に存在する組技の研究、実践を通し我々の体に本来備わっている身体を守る働き“本体”とは何かを探求することを目的とする会です。

             ▲

技アリ企画では。駒井さんが現在テーマとしている「摔跤(シュワイジャオ)の練習法」を手始めに紹介してもらいました。

技アリ企画で「摔跤(シュワイジャオ)の練習法」を取り上げたのは、その内容を知っていての事ではありません。
駒井さんが台湾へ通ってまで学んでいるものは面白いに違いない、と思ってのことです。

その勘は見事に当たったようで、中国武術に特有の腰掛けるように腰を落とす立ち方の意味と働きを体験することができました。と言うより、一回目はこの立ち方を身につけるための練習方法を種々行っただけで、摔跤(シュワイジャオ)の技まで行かなかったのです。

それでも、中国武術についてはある流儀を講習会でかじった程度のわたしが言うのも何なのですが、この立ち方だけをきちんと学び追求しただけでも、その威力は凄まじいものになるだろうと感じました。
今月11月19日にその「摔跤(シュワイジャオ)の練習法」の二回目があります。
武道・武術、格闘技に興味を持つ人は、一度は体験してみる価値があると言っていいでしょう。
是非とも時間を調整して参加してみてください。

■申し込みはメールで:件名に「11/19組技研究会」と書いて、フルネームを添えて「動作術の会(中島)」で。

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇
●日時:2016年11月19日(土)19時─21時分(18時30分受付け開始)
●講師:駒井雅和/本体組技研究会主宰
/東京都江東区永代2-9-4
●最寄り駅:メトロ日比谷線「門前仲町」徒歩約8分、JR京葉線「越中島」徒歩約12分
●定員:10名程度
●参加費:2000円
●持ち物:必須ではありませんが、柔道着等ジャケットをお持ちの方はご持参ください。 帯だけでもあればお持ちください。なければ手ぬぐい、タオルなどでも可。 その他、水分、汗拭きタオルなど。
【ひとこと】本体組技研究会の駒井雅和氏を講師に、世界各地に存在する組んで投げる技、組技の練習をしていきます。当面は摔跤(シュワイジャオ)の研究を進めていきます。

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

広島動作術の会 ー 月末の広島はジャニーズコンサートだった!

早いもので次の土曜日は山口、日曜日は広島での動作術の会です。

当初の予定では29日夜に山口から広島へ移動し、広島で一泊して午前から講習会だったのですが、なんと広島でジャニーズのコンサートがあるためホテルが取れず。
山口で一泊して早朝広島へ移動ということになりました。
山口の世話人のNさんと話す時間が増えると考えれば、これもありがたいことですね。

ちなみに「KinKi Kids アリーナツアー」というものらしいです。

さて山口、広島での動作術、まだご参加いただけるようですので、以下をご参照ください。
お知り合いがいる方は、ぜひ講習会のことをご紹介いただけるとありがたいです。

                        ▼

「動作術の会」下関、山口、広島で連続開催のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

【コラム】肩甲骨のポジションと「内腕」

杖の稽古、終了。今回は「巴」と「水車」をじっくりと。
その前に、肩甲骨の役割とポジションの講義。肩甲骨がキチンと背中にセットすると、驚くほど腕の性能が上がることを皆で体感する。
甲野先生が「内腕」と言っていることは、この肩甲骨のポジションと大いに関係している。
肩甲骨をセットすると、8キロのケトルベルを腕を伸ばしたまま床から頭上まで何度も持ち上げられる。トレーニングとしていいかどうかは別の話だが。
この肩甲骨のポジションと胸鎖関節、鎖骨をまとめて「内腕」と表現した甲野先生の感覚はやはりすごいと思う。
もちろんこの「内腕」というイメージを頼りに稽古するのは構わないが、やはりわたしのような凡人は具体的な筋肉と骨の働きを知って動く方がより理解が進む。昔は実際の動きにとって何の役に立つのかわからなかった解剖学だが、今は構造動作という指針があるので、ほんのちょっとだが解剖学が役に立つことがわかる。全く歳はとって見るものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

7/15 NHKカルチャー梅田教室「暮らしに活かす武術  スーパー動作術入門」

7月15日夜に予定していたNHKカルチャー梅田教室の「暮らしに活かす武術   スーパー動作術入門」が、応募者があって開講できるそうです。
16日からのカメカメ企画の大阪講習会があったので、その前日に大阪入りしての梅田教室。応募者ゼロで開講できなかったらどうしよう、と本気で心配していました。

自分で付けた講座タイトルが大げさで、ふざけているのかと思われたらどうしよう、と今更ながら考えるわけですが、わたし個人としてはいたって真面目に「スーパー」だと思っています。

ただ本当にスーパーなのは、構造動作トレーニングの師匠である中村考宏先生のやっていることで、わたしは欠片をなんとか拾い集めているわけです。
それでも運動体としての人間を捉えているのが動作術であるので、お初にお目にかかる大阪の方々には「スーパー」と言えるものを提供できると思っています。でもやることは地味〜なんですけどね(笑)

開講は決まってもまだ参加者募集中であります。ご都合のつく方、ご参加をご検討ください。
またお知り合いのいる方はどうかご紹介ください。
☆詳細は以下をクリックしてNHKカルチャー梅田教室のサイトをご覧ください。

「暮らしに活かす武術  スーパー動作術入門」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

ケトルベルがやって来た

71clc9pxil_sl1500_ 昨日、我が家に8kgのIVANKO(イヴァンコ)のケトルベルが来た。アマゾンで注文したのだが、留守がちなので近所のコンビニ受け取りに。
自転車の後ろカゴに入れてヨロヨロしながら深夜に帰宅。早速出して両手で下げてみるが、8kgでも結構重い。
 翌朝、基本種目「スイング」を10回。ケトルベルトレーニングはもうこれしかやらないつもり(笑)
 買う前に調べると50歳以上の男性で12kgが適当と書いてあるものが多い。
 先日『ケトルベル マニュアル』日貿出版)出版記念で、著者の松下タイケイさんに教わったときも12kg を使ったのでそうしようかな、と思っていたが、信頼出来る人がわたしの体格を考量して8kgを推薦してくれた。

 その人は体格もいいし、武術、格闘技の経験も豊富なのに12kgから始めた、という。
 わたしはそれを聞いて、ほとほと感心し、その人への信頼をますます深めた。
 というのも、大体格闘技好き、トレーニング好きの男たちときたらすぐに「より上」に行きたがるものだからだ。一般男性が16kgからと言われれば「では俺は20kgから」とか、あるいは「16kgで始めて見たが軽すぎて、すぐに20kgも買った」とか。まあこれは想像ですけどね。
 その人はもともとそういうお調子者ではないが、それでも体格、経験からして20kgからでも良さそうなものだ。普通に考えても16kgだろう。
 それが12kgからだと知って、基礎の大切さを十分に知っている人だと感じた。それでそのアドバイスに従って8kgに決めたのである。
 大体からしてわたしがケトルベルトレーニングに求めるのは、「より良い骨格ポジションによる運動の質を上げること」だ。まず8kgで「スイング」をじっくりと。そしてより重いケトルを軽く扱えるようになることを目指そうと思う。 ※松下タイケイさんのブログはこちら→ケトルベルスイング 公認インストラクターによるブログ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

今後の大きなテーマとしての「股関節のサビを取る」

昨日の動作術の会「股関節のサビを取る ─ ゆっくり走り、四股、スクワット」。趾とゆっくり走りに時間を費やし、四股、スクワットが駆け足に。股関節の説明も中途半端。それでも趾トレとゆっくり走り初体験者が多く、その効果にびっくりしたようだ。

考えてみたらゆっくり走りも四股もスクワットも単独のお題として成り立つ内容を持つ。趾トレーニングだってそうだ。
「股関節のサビを取る」を大テーマとして、そこに各お題を一つずつ丹念にやっていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月30日 (月)

「趾(あしゆび)レベルアップトレーニング会」の特訓効果

5月27日、28日と中村考宏先生の「股関節回転講座 東京教室」でした。

28日の「「趾(あしゆび)レベルアップトレーニング会」では、1時間30分の間、趾だけを広げたり、握ったり、曲げたりし続けました。
確かに趾のトレーニング会ですが、たいてい足や脚も対象としたトレーニングを行います。ここまで趾に集中したのは初めてだったのではないでしょうか。

その結果、足裏はフカフカ。血行が良くなりイチゴ色(笑)

その後に続く「股割りトレーニング会」でも、趾がしっかりしたせいで、股関節が回りやすくなっていました。

まあ一般の講習会でここまで趾に向き合ったら、人が来ないかもしれません。トレーニング会ならではですね。
このトレーニング会、以前は「特訓セミナー」の名前がありましたが、名称は変わっても「趾」と「股割り」は特訓であることに変わりありません。

そのおかげか、日曜日を挟んだ本日月曜日、さいたま新都心でのカルチャー教室で、体験者相手に初歩的な「足指握り」と「手を添えての握り込み」「足指先への深部感覚の入力」を紹介したのですが、終了して歩き始めたら、また足裏のフカフカ感がよみがえっていてびっくりしました。
どうも土曜日の「趾(あしゆび)レベルアップトレーニング会」でちょっと感覚が変わったようです。特訓が必要なことがあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

4/3広島動作術の会のこと

4月3日(日)は広島動作術の会でした。

前日の山口動作術の会は、午前に下関市、午後に山口市の二回行いましたが、広島では午後に一回の講習会でした。その分、午前はホテルの前の公園、お昼は平和公園の川沿いの桜をゆったりと見物しました。

Ca3c0021

Ca3c0029

と写真はここまで。いつものように講習会の写真は撮り忘れました。
世話人の方が撮っているかもしれないので、手に入ったらいずれ紹介するかもしれません。
これからはちょっと記録も気にかけるようにします。

講習会は、かなりの年配の方と比較的若い方とが半々の構成で、どうしても年配の方に比重を置くことになりますね。
前半は趾(あしゆび)の大切さと、その感覚をハッキリさせるためのトレーニングを幾つか。
「あしゆび握り」から始めて、軽く重さをかける「あしゆび先の深部感覚トレーニング、脛の垂直方向、踵骨の存在、および足首の屈曲方向の感覚を入力していきました。

それによって姿勢や立ちやすさ、歩きやすさがどう変わるかを確かめました。

後半は「股関節から動くと動きやすい」ということの実習です。
胴体を屈曲させ、上前腸骨棘(腰骨のとんがったところ)をきちんと腿の付け根にくっつけるという方法で「股関節をたたむ」ことの具体的な内容をわかってもらいました。
あとは、それを使って椅子から立ち上がる、腰掛けるの練習や、しゃがみ姿勢や片足立ちの練習をしました。

これらを平易な言葉で行うわけです。参加者には身体の専門家の方も数名いらしたのですが、年配者を中心にしたことで伝えたいことと、実習内容がシンプルにつながり返って分かりやすいと好評だったようです。

わたしのように中途半端な解剖の用語などを使う人間は、専門家の方が受講生にいると、妙なことを口走っているかもしれないので、具体的な動作で示す方がいいのかもしれません。
やっていることにはそれなりの確信と自信があるので、平易な説明をもっと工夫していこうと思います。

参加の皆さんはとても熱心に取り組んでくれたので、短い時間でしたが大変楽しい講習ができました。
終了後武道を習っている方から、幾つか質問を受けて、この日やった立ち方と股関節のポジションの応用をちょっと紹介したのですが、次回広島で動作術の会を行う機会があるなら、「日常の動作術」と「武の動作術」のようにテーマを分けて2コマでできたらいいかな、と思いました。

今回ご参加いただいた皆様、また企画をしてくださったOさんと、現地で世話人をしていただいたMさんには大いに感謝します。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)