« 【予定の変更】1/20【zoomで快適動作術】を中止 | トップページ | 【お知らせ】1/8「動作術・東葛@柏」武の動作術 〜 股関節の働きから二つの崩しを学ぶ »

2023年1月 1日 (日)

2023年動作術の会 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます



昨年はもっと積極的に、動作術の内容をアピールしようと思ったのですが、持ち前の怠け心を克服できませんでした。
そんな中、流体の会主催の「zoomで快適動作術」、戸塚動作術の会主催の「戸塚動作術オンライン」が共にアーカイブ動画を配信してくれました。
そのことによって、遠方の方、近くても動作術未体験の方に動作術の活動の一端を紹介することができました。
実に他力本願ですが、ありがたや、とそれぞれ動画編集してくれている主催者に手を合わせています。

なんと言っても主宰のわたしが、動作術の内容を発信しないもので、武術をやっていた時代から来てくれている人や、その関係者、ネットで姿勢や動作について検索してたどり着いてくれた人など、細〜いつながりで継続しています。

動作術の基盤は中村考宏先生の構造動作トレーニングなのですが、そこに長く関わった武術的な身体運用法のアイデアを加えて、姿勢と運動のトレーニングをしています。

端的に言えば、わたしがやってて楽しいトレーニングを提供しているのですが、その目的は、「生活する身体=日常の身体」が楽になることです。

武術・武道や踊り、スポーツなどの身体は、その機能をある意味より洗練させたものとも言えます。
それを日常の身体に戻した時、生活の様々な場面での運動がより楽で滑らかになるものでなければなりません。
特定な運動をした後、動くのが辛くなるのでは、運動の質を高めているとは言い難いと考えます。

日常動作とスポーツなど特定な運動の間に位置するのが、トレーニングです。

トレーニングは、それをすることで、歩いたり、座ったりする動作が楽になる必要があります。つまり日常の運動の質を高めることが求められます。
その質の上がった日常動作で、特定な運動を行うことでそれらの質も上がってきます。

動作術はトレーニングのひとつですが、それは筋肉を鍛えたり、姿勢を鍛えたりしているのではありません。
運動、動作を鍛えています。
楽で滑らかな動作を鍛えることで、そのための姿勢や筋肉が育ちます。筋肉か骨かではなく、あくまで動作が中心です。

そしてその動作は、人が持っている機能をきちんと発揮することに他なりません。
超人はどこにもいず、ただ人としての機能を存分に発揮する「人」となることが、動作術の目的です。

2023年もこのような思いで活動を続けていきますので、よろしくお願いします。



2023年1月1日
動作術の会主宰 中島章夫

|

« 【予定の変更】1/20【zoomで快適動作術】を中止 | トップページ | 【お知らせ】1/8「動作術・東葛@柏」武の動作術 〜 股関節の働きから二つの崩しを学ぶ »

お知らせ」カテゴリの記事

動作術の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【予定の変更】1/20【zoomで快適動作術】を中止 | トップページ | 【お知らせ】1/8「動作術・東葛@柏」武の動作術 〜 股関節の働きから二つの崩しを学ぶ »