« 2/22◎動作術「骨盤おこしトレーニング」を追加しました | トップページ | 2/8◎動作術の会「転倒しても慌てない ─ 受身の動作術」 »

2020年2月 7日 (金)

2/5わこう動作術講座の「フラット歩行術」のことなど

2月5日(水)は埼玉県和光市のわこう動作術講座でした。
基本的に毎月第1水曜日の午前です。
 
今回のテーマは「いつまでも自分の足で歩くために 〜 フラット歩行術入門」。
 
ここは子連れ参加が多いところなのですが、今回は赤ちゃん。
見事な「浮遊運動」(「飛行機」などとも言いますね)を見せてくれました。
うつぶせで、腕と脚を床から浮かせ背を反らせるアレです。
 
そこから赤ちゃんの営みが、重い頭をきちんと支える姿勢作りだ、という話題になり、当初の予定を変えて、仰向けで寝た状態から、立ち上がるまでを辿る「赤ちゃん体操」をやることに。
 
もう忘れてしまった赤ちゃんの感覚を再体験しつつ、ようやく立ち上がってみて、そこからヒトにとっての立つこと、歩くことを考えつつトレーニングしました。
 
元々は歩くことに必要な、足首や膝の関節の運動方向、股関節のあり様などから歩きを学び直そうという心算でしたが、赤ちゃん体操から歩きへという流れがスムーズなのは、考えてみたら当然ですね。
 
今回のレポートを世話人の方が書いてくれていますので、そちらもぜひご覧ください。→ 動作術レポ
 
次回3月4日のわこう動作術講座は、今回割愛した歩くことに関係する関節の動きをよくする動作術を行う予定です。
また、動作術の会でも「原初動作トレーニング」というタイトルで、赤ちゃん体操を行なっています。
ご都合あうときに是非ご参加ください。

|

« 2/22◎動作術「骨盤おこしトレーニング」を追加しました | トップページ | 2/8◎動作術の会「転倒しても慌てない ─ 受身の動作術」 »

お知らせ」カテゴリの記事

和光市動作術の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/22◎動作術「骨盤おこしトレーニング」を追加しました | トップページ | 2/8◎動作術の会「転倒しても慌てない ─ 受身の動作術」 »