« 【技アリ企画】構造動作トレーニングで学べること | トップページ | ◎2019年3月の活動予定(動作術&技アリ企画) »

2019年2月15日 (金)

足指をトレーニングする意味

構造動作トレーニングの中村考宏先生のブログ「股関節回転講座」に、「足指トレーニング会」発足の記事が出ていました。
中村先生の地元(愛知県)で定期的に足指トレーニングを行なっていくということです。

記事は以下をご参照ください。
足指トレーニング会

記事に構造動作トレーニングの足指トレーニングについての考え方が書かれています。
2月16日、17日に開催する東京での構造動作トレーニングでも「所有感覚メソッド」「股割りトレーニング」「骨盤おこしトレーニング」のどれでも足指は扱うので、参加する人は参考になるでしょう。
また参加を検討されている方には、構造動作トレーニングが足指を重視していることを知っていただけることと思います。
どれほど股関節や体幹部などのトレーニングやリハビリに取り組んでも、足指の実力がそれらの質を決めてしまいます。
ぜひ一度、構造動作トレーニングに参加して、自身の足指の状態を知り、より良い動きへのきっかけにしていただきたいです。
以下引用です。
足指の機能状態というのはかなり個人差があります。外反母趾、浮き指、内反小趾、偏平足など、足のトラブルのある人はもとより、足指の機能状態が低下して意識が通らない足指、感覚が鈍い足指にあることに気づかず、衝撃をそのまま受け膝や腰、全身に影響を与えてしまう人たちも多くいます。
足指トレーニング会では、足の感覚を養い、足の機能性を良好にし、地に足をつけ、自分の足で歩き続けることができる足づくりを目指しています!
(「足指トレーニング会」より)


2月の東京教室は以下の日程で行います。
詳細は、タイトルをクリックして専用ページをご覧ください。

|

« 【技アリ企画】構造動作トレーニングで学べること | トップページ | ◎2019年3月の活動予定(動作術&技アリ企画) »

技アリ企画」カテゴリの記事

講座情報」カテゴリの記事

構造動作トレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足指をトレーニングする意味:

« 【技アリ企画】構造動作トレーニングで学べること | トップページ | ◎2019年3月の活動予定(動作術&技アリ企画) »