« 8/24、25☆【技アリ企画】構造動作トレーニング・東京教室のお知らせ | トップページ | 9/2(日)夜の動作術の会 »

2018年8月21日 (火)

8/19「杖による練法」──狭い和室での稽古

Photo

8月19日の開催した「杖による練法」。
 ・
10年以上、板の間だが畳を敷いたら100畳以上になる天井の高い多目的ホールで行なっていた。
近年、わたしの関心が急速に武術から、人に備わっている本来の姿勢と動作に移ったせいか、もともとわたしの杖術の腕が大したことないせいなのか、参加者が3人、というようなことが続いていた。そうなると広い会場を維持することが困難になってくる。
そこで今月から会場を和室に移した。それでも20畳以上はあるのだが、天井も低いし、横のスペースも必要なので定員を4名とした。
 ・
ところがどうしたわけか、場所を移した途端、新規の人の申し込みがあり、あっという間に5名になってしまった。
そこにわたしの受付ミスで、さらに2名増え、7名となった。
しかしわたしを入れて8名で杖を構えてみると、なんだかいけそうな気がしてきた。
大きく、ビュンビュン振ることはできないが、ゆっくり丁寧に杖を扱って、動きを練っていくには返って好都合ではないのか、などと都合の良いことを考える。
 ・
初心の方が多いせいもあって、杖の持ち方から。
以下当日のおおよその稽古メニュー。

・手の内で杖を滑らせる使い方を、打つ、突くの二種の操法。
・滑らせた後に手の内に杖の先端を回収する稽古と、回収する意味。
・相手の首筋、または鎖骨に斜めに打ち込む「袈裟打ち」。
・「槍の突き」から「水平突き」。
・床と常に水平になるよう、杖をコントロールしながら、ゆっくりと突く。
・前後に突く。
・突きの時に前手を滑らせる効果を、杖の先をしっかり握っている人を崩すことで確認。
・筋の伸張反射の利用と、錯覚効果で崩す方法。
・素手への応用。
・杖の型「巴」。

終わってみれば、非常に学びの多い時間となった。やはり道具を使う稽古は動きの質を変えるのに適していると思う。
特に杖は、剣(木刀を含む)と違って、ただの棒であるところが良い。その自由さがわたしの好むところでもあるのだと、改めて感じた和室での杖の稽古だった。

|

« 8/24、25☆【技アリ企画】構造動作トレーニング・東京教室のお知らせ | トップページ | 9/2(日)夜の動作術の会 »

コラム」カテゴリの記事

動作術の会」カテゴリの記事

杖術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/74075812

この記事へのトラックバック一覧です: 8/19「杖による練法」──狭い和室での稽古:

« 8/24、25☆【技アリ企画】構造動作トレーニング・東京教室のお知らせ | トップページ | 9/2(日)夜の動作術の会 »