« 9/2【技アリ企画】ロシア武術システマ、【動作術の会】「松聲館の技法を動作術から見直す」 | トップページ | 9/9「松聲館の技法を動作術から見直す ─ “水鳥の足”と“三要素以上同時進行”」 »

2017年9月 6日 (水)

9/6「骨みがきメソッド」、9/7「武術の時間」「歩くと走る」

本日9月6日(水)夜は動作術の会の「骨みがきメソッド」があります。
骨をみがくだけで、自分の身体を取り戻せる、不思議なメソッドです。
参加者のリクエストにより、骨に重さをかけるなどの、みがく以外の「骨入力」も行う場合があります。
本日夜は、肩甲骨、肩、腕を中心に行います。
-
明日9月7日は朝と夜に動作術があります。
午前中は朝から「武術」に特化した武の動作術です。
-
夜はいつもの恵比寿の会で、テーマは「歩くと走る」。けっこう人気のあるテーマです。
走ることで歩きがわかります。
-
ぜひご参加ください。
申し込みは各タイトルの下段の「■申し込みはメールで:」にある要領でメールでお申し込みください。

   ▼

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇
◎動作術の会@人形町 テーマ「骨みがきメソッド入門」
※会場は「半身動作研究会」の名前で借りています。
●日時:2017年9月6日(水)19時30分─21時30分(19時15分受付け開始)
●講師:中島章夫(動作術研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:人形町区民館6階 5+6号和室
/東京都中央区日本橋人形町2-14-5
●最寄駅:
/東京メトロ日比谷線人形町駅下車A1番出口 徒歩3分
/東京メトロ半蔵門線水天宮前駅下車7番出口 徒歩1分
●定員:6名程度
●参加費:2000円
【ひとこと】動作術で行なっている「骨みがきメソッド」でからだの輪郭をクッキリ、スッキリさせ、動きを軽やかに。手、足、背骨、骨盤、頭などリクエストにも応じます。
■申し込みはメールで:件名に「9/6骨みがき」と書いて、フルネームを添えて 「動作術の会(中島)」まで
-
…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇
◎動作術の会@茅場町 テーマ「武術の時間 ── 『技アリの動作術』」
※月に一回の予定で、木曜日の午前中に「武術の時間」を開催します。
※動きの精度を上げるのが目的です。武術が未経験でも楽しめる内容です。
●日時:2017年9月7日(木)9時30分─11時30分(9時15分受付け開始)
●講師:中島章夫(動作術研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:新川区民館 第一和室
/東京都中央区新川一丁目26番1号
●最寄り駅:メトロ日比谷線、東西線「茅場町(かやばちょう)」3番出口
●定員:10名程度
●参加費:2000円
【ひとこと】動作術で稽古する「骨なりに立つ」と「中間重心」。これを身につけるだけで、これまで「技」と思われていたものの多くが行えます。武術の動きを借りて滑らかな動作を身につけることが目的です。どなたでも楽しめる内容です。
■申し込みはメールで:件名に「9/7武術」と書いて、フルネームを添えて 「動作術の会(中島)」まで
-
…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇
◎動作術の会@恵比寿 テーマ「歩くと走る ー 接地と重心移動」
●日時:2017年9月7日(木)19時─21時(18時45分受付け開始)
●講師:中島章夫(動作術研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:抱一龕道場
/東京都渋谷区恵比寿西 2-11-4
●最寄り駅:JR、メトロ日比谷線「恵比寿」
●参加費:2000円
【ひとこと】フラット接地とは具体的に足裏のどの部位を接地するのか。趾尖球、母趾球、小趾球、踵の関係を整理し、滑らかな重心移動のルートを歩法と“ゆっくり走り”で身体に刻みます。
■申し込みはメールで:件名に「9/7歩くと走る」と書いて、フルネームを添えて 「動作術の会(中島)」まで
-
…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇

|

« 9/2【技アリ企画】ロシア武術システマ、【動作術の会】「松聲館の技法を動作術から見直す」 | トップページ | 9/9「松聲館の技法を動作術から見直す ─ “水鳥の足”と“三要素以上同時進行”」 »

お知らせ」カテゴリの記事

動作術の会」カテゴリの記事

講座情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/71625736

この記事へのトラックバック一覧です: 9/6「骨みがきメソッド」、9/7「武術の時間」「歩くと走る」:

« 9/2【技アリ企画】ロシア武術システマ、【動作術の会】「松聲館の技法を動作術から見直す」 | トップページ | 9/9「松聲館の技法を動作術から見直す ─ “水鳥の足”と“三要素以上同時進行”」 »