« 身体の機能と意識の幸せな関わり | トップページ | 3/20【技アリ企画】「振ればカラダが拓かれる ─ ケトルベル入門」 »

2017年2月20日 (月)

股関節をコントロールできる範囲=足の機能レベル(2/24・25股関節回転講座・東京教室)

今週の2月24日、25日は中村考宏先生を愛知県からお招きしての股関節回転講座・東京教室です。

           ▼

先月の中村先生の東京での活動の様子は以下のサイトをご参照ください。

股関節トレーニングで深部感覚アップ!スクワットと股割りと足指

少し引用します。
「トレーニングというと体をいじめ抜くイメージが強いようだが、参加者たちは足が軽くなるという喜びをみいだしたようだ。」
「体は末端まで意識が届いている状態において快適に動作をおこなうことができる。股割りトレーニングは足の指先まで、手の指先まで、頭の指先まで意識を届けることが大切だ。」

           ▼

股関節回転講座の基盤となっている構造動作トレーニングでは、大地と接地する足と足指から姿勢を見直して行きます。

「足指は股関節の可動を拡大していくのに必ずアプローチすべきポイントだ。股関節をコントロールできる範囲というのは足の機能レベル分といってもいいだろう。足指の感覚が鈍い状態では接地を安定できない。不安定な土台からは股関節の滑らかな動きを引き出すのが困難なのだ。私は足元から改善していくという考え方に賛成だ。」

こちらは「浮き指を治して股関節を柔軟に可動域を拡大する! 」より引用です。

           ▼

股関節を滑らかに動かすために、きちんとした順番でアプローチしていくことが大切で効果的です。
「股関節の回転」を実感したい方は、ぜひ東京教室へお越しください。

           ▼

2月の【技アリ企画】股関節回転講座・東京教室の詳細は以下をクリックしてください。
          ↓
2/24・25【技アリ企画】股関節回転講座・東京教室

|

« 身体の機能と意識の幸せな関わり | トップページ | 3/20【技アリ企画】「振ればカラダが拓かれる ─ ケトルベル入門」 »

お知らせ」カテゴリの記事

技アリ企画」カテゴリの記事

構造動作トレーニング」カテゴリの記事

股割り」カテゴリの記事

股関節回転講座」カテゴリの記事

講座情報」カテゴリの記事

趾(あしゆび)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/69669357

この記事へのトラックバック一覧です: 股関節をコントロールできる範囲=足の機能レベル(2/24・25股関節回転講座・東京教室):

« 身体の機能と意識の幸せな関わり | トップページ | 3/20【技アリ企画】「振ればカラダが拓かれる ─ ケトルベル入門」 »