« 12/14「崩しの動作術 ー 重心移動の本質を知る」 | トップページ | 2017年の山口・広島動作術の会の予定 »

2016年12月17日 (土)

12/17「松聲館の技法を動作術から見直す」

_2_2

本日夜、人形町にて「松聲館の技法を動作術から見直す」をテーマに稽古します。

松聲館の技法を取り上げるのは久しぶりです。
以前は「井桁術理」や「足裏の垂直離陸」などを個別に取り上げて稽古したのですが、最近は武術以前の「日常の動作をきちんとできるようにする」が大きなテーマになっているので、よほどのリクエストがない限りやらなくなってしまいました。

それでも武術の技法や術理などに興味を持つ人は結構いて、「普通の動きができていないのに武術、武術って言ってもしょうがないよ」と思いつつ、武術の技を通して「普通のグレードをあげることがいかに大切か」をわかってもらうのもいいかな、と思い始めました。

実際、日常動作(人間が本来持っている機能)の回復に努めていると、武術の技法だと思われている大半のものが、単なる「コツ」レベルであり、特に必要のないものだということがわかります。
裏を返せば、武術の技法が人間本来の運動機能を見直すきっかけになっているということでしょう。

さて本講習会では「三要素同時」「水鳥の足」「井桁崩し」「体内波」「足裏の垂直離陸」などの松聲館の技法・術理をいくつか取り上げ、動作術の立場から捉え直して稽古します。できる限りリクエストにお応えします。

■申し込みはメールで:
件名に「12/17松聲館の技」と書いて、フルネームを添えて「動作術の会(中島)」まで

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇
◎動作術の会@人形町 テーマ「松聲館の技法を動作術から見直す」
※会場は「半身動作研究会」の名前で借りています。
※稽古時間が長いので、参加費も違っています。お気を付けください。
●日時:2016年12月17日(土)18時15分─20時45分(18時受付け開始)
●講師:中島章夫(動作術研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:日本橋社会教育会館8階 第二和室
/東京都中央区日本橋人形町1丁目1番17号
(日本橋小学校等複合施設地下2階・8階・9階)
●最寄駅:都営浅草線「人形町」A6出口、メトロ日比谷線「人形町」A2出口
●定員:10名程度
●参加費:2500円

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇

|

« 12/14「崩しの動作術 ー 重心移動の本質を知る」 | トップページ | 2017年の山口・広島動作術の会の予定 »

お知らせ」カテゴリの記事

動作術の会」カテゴリの記事

講座情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/68872449

この記事へのトラックバック一覧です: 12/17「松聲館の技法を動作術から見直す」:

« 12/14「崩しの動作術 ー 重心移動の本質を知る」 | トップページ | 2017年の山口・広島動作術の会の予定 »