« 7/27「俯瞰する意識を作る」 | トップページ | 8月の水曜会のおしらせ »

2016年7月29日 (金)

「深部感覚」の効用 ー 中村先生からのメッセージ

O0377055513663734587       『「深部感覚」から 身体がよみがえる!』(晶文社)


構造動作トレーニングの中村考宏先生から、股関節回転講座東京教室の参加者あてにメッセージが送られてきました。
これまでのトレーニングが「深部感覚」というキーワードが加わることでどのように変化しているのか、というないようです。
これは東京教室の参加者のみならず、すべての構造動作トレーニング実践者、そして今後参加する方々にも大雪な内容なので、以下に転載することにします。

         ▼

こんにちは、中村考宏です。
7月初めに新刊「『深部感覚』から身体がよみがえる!」(晶文社)を刊行し、これまでのトレーニングに「深部感覚(固有感覚)」というキーワードが入ることにより内部環境へアクセスしやすい状況になったと思います。

トレーニングの取り組み方は、怪我のリハビリ・治療のため、動作のパフォーマンスを上げるため、などそれぞれでしょう。自らの動きで生じる内部の刺激をキャッチする感度を高めることによりトレーニング効果はグングン上がります。

トレーニングの際は、変化を確認する習慣が大切です。
「入力-統合-出力」
「入力-統合」は股割り、スクワット、趾などのトレーニング動作をすることで内部環境に起っている流れです。
「出力」はそれによって生み出される動作の流れです。
適切なポジション、運動方向などを入力することにより、効率のよい動作が出力されます。
足が軽い、体が楽、など自分にとってプラスになる変化を重ねていくことにより、深部感覚(固有感覚)を厚くし、目的を達成するための大きな力になるはずです。

では、またトレーニングでおあいしましょう!

         ▼

中村先生が書いているように、「深部感覚」へのアプローチが加わって、これまでのトレーニングがより効果のあるものになっています。
「深部感覚」そのものを言葉で理解しようとすると、なかなか難しいのですが、からだの理解は格段に進むように思います。
中村先生の講習会は、すでにどれも「深部感覚」へのアプローチが前提となっていますが、8月はより「深部感覚」を実感する内容で「股関節トレーニング」を行うことをお願いしました。

本を読んだ人も、読んでいない人も、ぜひ体験しにいらしてください。

もちろん、この講習会のほか「趾(あしゆび)」「股割り」の特訓教室もあります。これらも「深部感覚」がキーワードです。こちらにもどうぞご参加ください。
詳細は→◎【技アリ企画】「股関節回転講座・東京教室」日程一覧

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇

出版記念!【技アリ企画】「深部感覚と股関節トレーニング」
※入門者から継続参加者まで対象です。
●日時:2016年8月27日(土)14時30分─16時30分(14時15分受付け開始)
●講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●会場:佃区民館 5号+6号和室
東京都中央区佃二丁目17番8
●最寄り駅:メトロ有楽町線・都営大江戸線「月島」
●定員:20名
●参加費:3000円
【ひとこと】『「深部感覚」から 身体がよみがえる!』(晶文社)の発刊を記念して、今月は「股関節トレーニング」を通して「深部感覚とは何か」を分かりやすくレクチャーします。

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇

|

« 7/27「俯瞰する意識を作る」 | トップページ | 8月の水曜会のおしらせ »

お知らせ」カテゴリの記事

技アリ企画」カテゴリの記事

構造動作トレーニング」カテゴリの記事

股関節回転講座」カテゴリの記事

講座情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/66738172

この記事へのトラックバック一覧です: 「深部感覚」の効用 ー 中村先生からのメッセージ:

« 7/27「俯瞰する意識を作る」 | トップページ | 8月の水曜会のおしらせ »