« 4/2「山口動作術の会」、4/3「広島動作術の会」 | トップページ | 4/3広島動作術の会のこと »

2016年4月 3日 (日)

4/2山口動作術の会、無事終了

昨日は初めての山口動作術の会。
午前に下関市、午後に山口市と会場を変え二回行いました。

前日に下関入り。世話人のNさんには北九州空港に迎えに来てもらって、蔵をを改装した素敵なご自宅に一泊させていただきました。
Nさんご夫婦は花農家で、昨日の朝に花畑を案内していただきましたが、ご自宅周辺から道路を渡ったところにも畑が広がっていて、お二人で世話しているとは思えない広さ。

市場がある時には朝2時には起きるし、それ以外でも5時に起きて作業を開始するそうです。
そんな中、山口動作術の会の世話人を引き受けてくれたのかと思うと、本当にありがたいことです。

下関会場には九州からの参加者、千葉のカルチャー教室の受講生のお姉さんや東京の動作術の会の参加者の親戚の方がいらして、人のつながりのありがたさも感じました。

20160402yamagutchi2

どちらの会場でも趾(あしゆび)と股関節のトレーニングを紹介しました。しかし2時間でこの二つをやるのは結構大変です。
それはやり始めてみると、参加者のお一人おひとり特有の課題が出てくるので、ついあれもこれもとやってしまうからです。そうなるといくら時間があっても足りなくなるわけだから、ポイントをお伝えできればいいと考えないといけません。

趾に関しては、「指先を感じること」と「指先の実在感を高めること」の二つです。このことによって姿勢(骨格位置)がより良い方向に整うことを実感してもらいます。

20160402yamaguchi6

股関節に関しては、骨盤の「上前腸骨棘」の位置を覚えてもらい、股関節から動くことは上前腸骨棘と腿の付け根が近寄ることを、実際の動作をやって実感することです。
これには椅子からの立つ座るや、スクワットで行い、楽に動けるポジションを探る練習で行います。

この二つがわかれば、ものすごく動きが変わります。
取り上げるトレーニング方法は、参加者の個性によって変化しますが、ポイントはこの二つですね。

これを踏まえて本日の広島動作術の会も進めていきますが、そこに来た方とのライブですのでどういう展開になるのかとても楽しみです。

|

« 4/2「山口動作術の会」、4/3「広島動作術の会」 | トップページ | 4/3広島動作術の会のこと »

コラム」カテゴリの記事

動作術の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/64784618

この記事へのトラックバック一覧です: 4/2山口動作術の会、無事終了:

« 4/2「山口動作術の会」、4/3「広島動作術の会」 | トップページ | 4/3広島動作術の会のこと »