« 8/23特別講座「甲野善紀の術理史 第18回 ─落下の力─」講師は中島章夫です | トップページ | 9/3甲野善紀「松聲館の術理の『今』を稽古する」のお知らせ »

2015年8月25日 (火)

10/17朝カル新宿「暮らしに活かす動作術」受付開始

10月17日(土)に朝日カルチャーセンター新宿にて、二回目の足指関連の講座を行います。
今回は、足指から骨盤までの骨の位置関係を、重さを使ってしっかりと感じ取っていく講座です。
動作の土台となる。足指、脛、大腿、股関節、それぞれの役割を知って、よりよく働く位置関係を学べば、日常動作はもちろん、仕事やスポーツなどの動作もより滑らかで楽になるでしょう。
本日から受付開始となりました。ご興味のある方はぜひお申し込みください。
またご興味を持ちそうな方、ご家族などにもご紹介いただけるとありがたいです。

申し込みなどは朝日カルチャーセンター新宿の本講座サイトをご覧ください。
暮らしに活かす動作術【新設】足指の深部感覚トレーニング

【講座内容】
「深部感覚」は神経学のことばで、自分にどんな力がかかっていて、
自分がどのような姿勢で、どのように動いているかを感じる力です。
 深部感覚が鈍ると、足を上げているつもりなのにつまずくとか、
通れると思っていた隙間で肘をぶつけるなど、
思っている動作と実際の動作にズレが生じてしまいます。
正しい姿勢で深部感覚に刺激を入れて回復していくと、
徐々に思ったところに手足を運ぶことができるようになります。
 この講座では、土台となる足指、スネ、大腿、骨盤までを
ターゲットに深部感覚のトレーニングを行い、
立つ、歩く、しゃがむなど「足腰」の楽に動ける位置関係を見つけ、
滑らかな動きができるようにしていきます。
(講師・記)

|

« 8/23特別講座「甲野善紀の術理史 第18回 ─落下の力─」講師は中島章夫です | トップページ | 9/3甲野善紀「松聲館の術理の『今』を稽古する」のお知らせ »

お知らせ」カテゴリの記事

カルチャー教室」カテゴリの記事

動作術の会」カテゴリの記事

講座情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/61323094

この記事へのトラックバック一覧です: 10/17朝カル新宿「暮らしに活かす動作術」受付開始:

« 8/23特別講座「甲野善紀の術理史 第18回 ─落下の力─」講師は中島章夫です | トップページ | 9/3甲野善紀「松聲館の術理の『今』を稽古する」のお知らせ »