« 10月から青葉台で新タイトルの講座が始まります | トップページ | 【稽古録】「正中面」と「半身」の稽古 »

2013年10月 2日 (水)

10月18日から20日「今を生きる人の集い」受付中

今月の18日からの3日間、八王子にある大学セミナーハウスで「今を生きる集い」があります。
19日にはわたしも講師として参加します。

予定では「“Kuzushi”〜三者による崩しの原理と稽古方法〜」ということで、日本韓氏意拳学会会長の光岡英稔さん、カラダラボ主宰の山口潤さんとのコラボ企画。
なんでわたしがこの人たちと?! っていう感じの面子なんですけど(笑)。別に三人で戦ってみろっていうことじゃなさそうなので、わたしの考える「崩し」についてお話をして、参加者には実際に動いて体感してもらうことにしました。

20日は苦手な早起きをして、「『ゆっくり走り』で足指・股関節トレーニング」をやります。「ゆっくり走り」でからだをゆるめる効果を実感してもらいたいと思っています。

他にも豪華な顔ぶれで、興味深いテーマの講座が満載です。
くわしくは「今を生きる人の集い」のサイトをご覧ください。

以下は甲野先生のツイッターからの引用です。http://twipple.jp/user/shouseikan
ぜひお読みください。本当に時間をやりくりして参加する価値はあると思います。よろしくお願いします。

(以下引用)

「今を生きる人の集い」の申し込みが開始され、申し込まれている方々からのメールが受付担当者のところにたくさん寄せられているようですが、今回申し込みの受付体制が、なかなか取れなかったため、申し込まれる方々にもお待たせをしてしまったようで申し訳ありません。

ただ、今回で一応最後となる「今を生きる人の集い」なだけに、御縁のある方々には、是非集まって来て頂きたいと思います。

恐らく、これが最後となると、「また、あの“集い”のような集まりを企画してほしい」という要望は必然的に起こってくると思います。

ただ、今回申し込み体制が、なかなか整わなかったことからも御推測いただけると思いますが、この「集い」はスタッフ・関係者のボランティアで成り立っているところが多分にあり、仕事を抱えての作業には限度もありますので、なかなか実現は難しいと思います。

この「集い」の発案者である光岡英稔・日本韓氏意拳学会会長も、そうしたスタッフの負担の大きさも考慮され、今回で一応この「集い」に一区切りをつけようと決心されたようです。

スタッフをプロに任せればいいではないかという考えもあるかも知れませんが、そうなるとある程度計画が出来た後、思いつくこまごまとしたアイディアに対応する事も難しく、また経費の点でも参加者の方々に今以上のご負担をおかけする事になりますので…。

なるべく経費も節減して参加者の方々に喜んでいただけるようにしたいという事になると、現在のような形態とならざるを得なかったわけです。

とにかく“泣いても、笑っても”10月18日から始まる3日間の「今を生きる人の集い」を以って、この企画もひとまず幕を降ろしますので、御縁があると思われる方は、是非御参加下さい。

この最終回となります「今を生きる人の集い」は、元々武術関係者が中核となっております事から、今回の八王子での「集い」は武術・武道の総集編的内容となり、この世界に関心のある方にとっては、なかなか他では体験することが難しいようなイベントになると思います。

ですから、日頃このツイッターなどだけで御縁が繋がっていた方も、思い切って御参加頂けたら、きっとそれなりに得られるものはあると思います。

今回は東京八王子での開催となりますので、首都圏にお住まいの方は宿泊ではなく、通いで参加頂けるものも、いくつもあると思います。講座の内容を御覧になってご検討下さい。

|

« 10月から青葉台で新タイトルの講座が始まります | トップページ | 【稽古録】「正中面」と「半身」の稽古 »

お知らせ」カテゴリの記事

講座情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/53467356

この記事へのトラックバック一覧です: 10月18日から20日「今を生きる人の集い」受付中:

« 10月から青葉台で新タイトルの講座が始まります | トップページ | 【稽古録】「正中面」と「半身」の稽古 »