« 12/7「皮膚をめぐる冒険」+忘年会@和真の時間の変更 | トップページ | ◎12月の【技アリ企画】「韓氏意拳入門」 »

2012年12月 4日 (火)

本日は「崩しの原理 ─ 続飯付(そくひづけ)技法」

本日12月4日(火)の夜、「崩しの原理 ─ 続飯付(そくひづけ)技法」をテーマに稽古をします。
続飯付(そくひづけ)は相手に「貼付く」ことです。この感覚は「離陸をかける」、あるいは「浮きをかける」ことと密接ですので、「浮き」や「離陸」に興味のある方もぜひご参加ください。

和真での稽古は、スペースの関係で少数ですのでじっくりと稽古できます。
はじめての方でも楽しめる内容です。
お申し込みは半身動作研究会へメールで(中島)

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇
★12月4日(火)19時─21時(18時30受付け開始)
◎【特別稽古】半身動作研究会@和真 ワンテーマ「崩しの原理 ─ 続飯付(そくひづけ)技法」
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:水天宮、門前仲町、茅場町各駅から10分ほどの会場
    ※申し込んだ方に詳細をお知らせします。
●定員:4名程度
●参加費:2000円
【ひとこと】相手が崩れるとはどういうことか。そのメカニズムを接着技法である続飯付を中心に稽古します。
▶申し込み:半身動作研究会(中島)

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇

|

« 12/7「皮膚をめぐる冒険」+忘年会@和真の時間の変更 | トップページ | ◎12月の【技アリ企画】「韓氏意拳入門」 »

稽古情報」カテゴリの記事

ワンテーマ講習会」カテゴリの記事

半身動作研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日は「崩しの原理 ─ 続飯付(そくひづけ)技法」:

« 12/7「皮膚をめぐる冒険」+忘年会@和真の時間の変更 | トップページ | ◎12月の【技アリ企画】「韓氏意拳入門」 »