« ◎2012年5月13日に「杖による練法」を追加しました。 | トップページ | 今週のテーマは「ナンバ」「接触」「杖」 »

2012年4月16日 (月)

『月刊秘伝』5月号の特集「脱力とは何か」

Kor201205_2

いま発売中の『月刊秘伝』5月号 に寄稿しています。
「特集 “脱力”とは何か?」の中のひとつで、今回は骨盤おこしトレーナーとして、構造動作理論からみた脱力について書いています。

タイトルは「関節のアソビが脱力を生む!」
松聲館でも、構造動作でも「脱力」ということばは使いませんが、要は体中の関節が働けるようアソビのある状態で、一定のまとまりを持たせるとすごく強くなる、ということを書きました。

その例として「趾(あしゆび)の関節」を取り上げました。その理由は「趾」という漢字をみて「あしゆび」と読む人が増えてもらいたいからです。
この前ツイッターに書いたのですが、「趾」が「塩麹」並みに話題になってほしいと思います。そのくらいこれからの日本人は「趾」に注目していいと思うんですよ。
この寄稿で少しは「趾」に関心を持つ人が増えればと思っています。

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇


|

« ◎2012年5月13日に「杖による練法」を追加しました。 | トップページ | 今週のテーマは「ナンバ」「接触」「杖」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

構造動作トレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『月刊秘伝』5月号の特集「脱力とは何か」:

« ◎2012年5月13日に「杖による練法」を追加しました。 | トップページ | 今週のテーマは「ナンバ」「接触」「杖」 »