« 今週は「骨盤おこし」「技アリ稽古」「重心移動」「システマ」 | トップページ | 『「骨盤おこし」で身体が目覚める』~構造動作トレ本 »

2011年10月 4日 (火)

10/2【技アリ企画】システマ「ピーター・アナツォーネ」クラスのこと

2日の【技アリ企画】システマ・ピータークラスは、大変テクニカルな内容だった。少し混乱があって「養生編」がコンバット、「護身編」はナイフワークになってしまったが、システマは常に護身であり養生だからいいのかもしれない。

ピーターは太極拳の先生でもある。見せてくれた歩法や重心移動の方法は、非常に実践的だった。カカト接地しないとか、膝を内側や外側に傾けない(まっすぐ曲げる)とか、腕が動くときはからだも動くとか、「引かれる」のでなく「押される」ように動け、とか。

システマの指導でも腕の外側は手の方に払い、腕の内側は脇の方に払うとか、肘をコントロールする、手を引いてテンションをかけ、気持ちが抜けた部分(肩とか腰とか)に触れて崩す、とか。格闘技・武道経験者にとってはわかりやすいし、興味を持てる内容だったと思う。まさに「ロシア武術」という感じ。

しかしピーターの指導内容はテクニカルだが、その元になっているのは徹底してcomfortableなポジションでいること。あるいはそのポジションを探すことがトレーニングということ。
それがスパー形式になったり、ナイフを前にするとそれを忘れてしまう、というかそうできない、ということを嫌というほど経験するのもシステマトレーニングということだろう。

ピーターのクラスを「技アリ企画」の講座として開催する機会を与えてくれたDさんと北川さんに感謝です。

|

« 今週は「骨盤おこし」「技アリ稽古」「重心移動」「システマ」 | トップページ | 『「骨盤おこし」で身体が目覚める』~構造動作トレ本 »

システマ」カテゴリの記事

報告」カテゴリの記事

技アリ企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/42259155

この記事へのトラックバック一覧です: 10/2【技アリ企画】システマ「ピーター・アナツォーネ」クラスのこと:

« 今週は「骨盤おこし」「技アリ稽古」「重心移動」「システマ」 | トップページ | 『「骨盤おこし」で身体が目覚める』~構造動作トレ本 »