« 本日のテーマは「ゆっくり走りで股関節を育てる」 | トップページ | 本日は「システマ〜システマ・ストライク2」 »

2011年6月16日 (木)

『左重心で運動能力は劇的に上がる!』

41lwknn5y1l__sl500_aa300_

本をいただいた。
『左重心で運動能力は劇的に上がる!』(小山田良治 監修 織田淳太郎 著/宝島社新書

監修者の小山田良治先生が送ってくださった。有り難し。
まだ読み始めたばかりだが、「重心と加重」がどう違うかの解説が最初にあって大助かり。重心をかけることと重さをかけることの違いを説明するのに困っていたからだ。

それから左右股関節の働きの違い。左は押し出し、右は引く性質があるという。これを簡単に体験できる実験が紹介されていて、さっそく昨日の東急セミナーBE二子玉川教室と、夜の「ゆっくり走り」の稽古でやってみた。
こんなに差があるのかとみんなびっくり。本当に人のからだは不思議だが、知っていたら本当に役に立つ。
武道・武術、スポーツをやっている方(もちろんやってなくても動作に興味のある方)はぜひ一読を。

|

« 本日のテーマは「ゆっくり走りで股関節を育てる」 | トップページ | 本日は「システマ〜システマ・ストライク2」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『左重心で運動能力は劇的に上がる!』:

« 本日のテーマは「ゆっくり走りで股関節を育てる」 | トップページ | 本日は「システマ〜システマ・ストライク2」 »