« 甲野先生関連の講座ふたつ | トップページ | 本日の恵比寿のテーマは「皮膚を操作する」 »

2011年6月 1日 (水)

本日のテーマは「離陸をかける」

「離陸かける」というのは、甲野先生が思っている以上に松聲館の技法を支えていると思う。つまりこれは何をもって「離陸をかける」と言うのか、という定義の問題だ。
甲野先生は最新の書き下ろしである『武道から武術へ』の中で、「浮き」が松聲館の技法の通底するものとしているが、わたしは「離陸」と「浮き」とは質が違うだけで同じものだと思うのだ。
「離陸」を通すと「浮き」を理解しやすいとも思う。「からだをまとめる」ことと「浮き」との関係も、「離陸」を通すと明らかになる。

さて、今日は「離陸をかける」をテーマに稽古する。

参加希望の方は中島宛メールをください。飛び入り参加も大歓迎!

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇
★6月1日(水)18時30分─20時30分(18時受付け開始)
◎半身動作研究会@築地 ワンテーマ離陸をかける
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:築地社会教育会館 第一和室
●定員:10名
●参加費:2000円
【ひとこと】松聲館の技法を支えている「足裏の垂直離陸」を中心に、離陸をかけるという術理を稽古します。

|

« 甲野先生関連の講座ふたつ | トップページ | 本日の恵比寿のテーマは「皮膚を操作する」 »

稽古情報」カテゴリの記事

ワンテーマ講習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日のテーマは「離陸をかける」:

« 甲野先生関連の講座ふたつ | トップページ | 本日の恵比寿のテーマは「皮膚を操作する」 »