« 本日のテーマは「井桁崩しの原理」です | トップページ | 【稽古メモ】空間を粘らせる【離陸】 »

2011年5月11日 (水)

本日のテーマは「離陸をかける」です

「離陸をかける」とうのは半身動作研究会独特の言い回しだ。甲野先生は「足裏の垂直離陸」に代表されるように、地面との接触面に対し引き上げる、あるいは浮かす方向性を出すことを指すことが多い。近頃では「足裏を浮かすように」とだけしか言わない。
しかし離陸がなぜ利くのかを考えると、からだのどこにでも離陸的働きを生み出すことができる。
この「どこでも離陸」を見ていくと、要は「からだをひとつにまとめる」ということでもあるので、甲野先生はこちらの表現を使っているとも言える。

また「離陸」は同時に「浮き」に問題でもある。

飛び入りも歓迎ですが、参加希望の方はできるだけ中島宛メールをください。

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇
★5月11日(水)18時30分─20時30分(18時受付け開始)
◎半身動作研究会@新川 ワンテーマ「離陸をかける
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:新川区民館 1号室
●定員:10名
●参加費:2000円
【ひとこと】相手を崩すとは、相手の重心を動かすことです。自分の重心移動を相手に伝えて崩す方法を稽古します。

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇

|

« 本日のテーマは「井桁崩しの原理」です | トップページ | 【稽古メモ】空間を粘らせる【離陸】 »

稽古情報」カテゴリの記事

ワンテーマ講習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日のテーマは「離陸をかける」です:

« 本日のテーマは「井桁崩しの原理」です | トップページ | 【稽古メモ】空間を粘らせる【離陸】 »