« 本日の恵比寿のテーマは「皮膚を操作する」です | トップページ | 本日の恵比寿、テーマは「重心の移動で崩す」 »

2011年4月 6日 (水)

本日のテーマは「正中面と井桁崩しの原理」です

今日は「正中面と井桁崩しの原理」というテーマで稽古します。

「正中面」を立てる感覚があると、「井桁崩しの原理」の理解の大きな助けになります。
また正中面は半身動作研究会の「肩関節・股関節の四点不動」を得るための手がかりにもなります。
技としては「正面の斬り」「柾目返し」を中心に稽古します。

本日も飛び入り大歓迎です。
できるだけ参加希望の方は中島宛メールをください。

…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇
★4月6日(水)18時30分─20時30分(18時受付け開始)
◎半身動作研究会@佃 ワンテーマ「正中面と井桁崩しの原理
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:佃区民館 6号和室
●定員:10名
●参加費:2000円
【ひとこと】松聲館の技法を根本から変えた「井桁崩し(平行四辺形の原理)」とはどういものか。それはどのように形を変えていまの技や動きに働いているのか。大きな動きから小さな動きへと順を追って稽古します。

|

« 本日の恵比寿のテーマは「皮膚を操作する」です | トップページ | 本日の恵比寿、テーマは「重心の移動で崩す」 »

稽古情報」カテゴリの記事

ワンテーマ講習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日のテーマは「正中面と井桁崩しの原理」です:

« 本日の恵比寿のテーマは「皮膚を操作する」です | トップページ | 本日の恵比寿、テーマは「重心の移動で崩す」 »