« ワンテーマ講習会のテーマの説明 | トップページ | 本日のワンテーマは「皮膚での崩し」です »

2011年2月 8日 (火)

テーマ解説「骨盤おこしトレーニング(股関節を畳む)」

◎骨盤おこしトレーニング(股関節を畳む)
松聲館の術理と並び、半身動作研究会の稽古の二本柱なのが、「構造動作トレーニング理論」です。
関節トレーニングによって自然な姿勢と、重心移動による滑らかな動作を身につけるのが構造動作トレーニングです。
股関節からアプローチするのが「骨盤おこしトレーニング」です。

●股関節を畳む
骨盤おこしによって、股関節から動く方法と、股関節の力を使えるようになることが目的です。このときの股関節と骨盤の状態を「股関節を畳む」といいます。股関節を境に「上下半身」を分けることでもあります。
股関節が畳めると、武術的にも日常的にも様々な効果があります。

|

« ワンテーマ講習会のテーマの説明 | トップページ | 本日のワンテーマは「皮膚での崩し」です »