« 本日のワンテーマは「足裏の垂直離陸」です | トップページ | 明日のワンテーマは「足裏の垂直離陸」 »

2011年2月28日 (月)

【構造動作】「基礎トレ」と「 for SPORTS」

26日、27日は構造動作トレーニングのセミナーが行なわれた。
26日は「構造動作・基礎トレーニングセミナー」、27日は初めての「構造動作トレーニング for SPORTS」でスポーツをやっている方を対象としたセミナーだった。

26日のセミナー前、中村先生は「銀河と愛子のムチャ修行」という講談社の『ダンスタイム』誌のワンコーナーの取材を受けてからの登場。
これって第一回目が甲野善紀先生だった企画だ。二回目が4スタンス理論で、今回が構造動作理論。なかなか面白いところに目をつけるが、自分のからだを見直すきっかけになってくれるといいと思う。

最近の基礎トレーニングは、順を追って話すというより、参加者との会話からいきなり話が進むことが多いようだ。
今回もそんな感じだったが、骨盤立位のポジション、股関節運動、立位の足の接地(親指、土踏まず側に体重をかけず、小指側に)、足首の背屈動作、腹圧のことなど一通りの基礎を行なった。

Dscn5154_2

Dscn5171

Dscn5185

27日は初の試みの「for SPORTS」。
中村先生は前日のダンサーを相手の取材で、立つことの難しさと重要性を再認識したようで、この日も立つことを中心にセミナーが進んだ。

足裏のソフト・フラット接地、ハムテンション、太ももとふくらはぎの伸張など。実際、土踏まずがべたっと接地してしまう方(「ベタッと接地」)も多く、アーチを回復する立ち方も指導された。
また腕と足と体幹部の関係の話もあり、体幹から手足を動かす重要性も語られた。

やはり基礎トレーニング(いわゆる「骨盤おこしトレーニング」)とは違った切り口でセミナーは進み、初参加の方には新鮮で、リピーターにとってはより理解が進む内容だったと思う。
前回の「自力治療セミナー」も再度の要望があるし、こうした角度を変えたセミナーもまた企画したいと思う。

中村先生のサイトもご参照ください。

Dscn5232_3  

Dscn5278_2

Dscn5331_2

|

« 本日のワンテーマは「足裏の垂直離陸」です | トップページ | 明日のワンテーマは「足裏の垂直離陸」 »

コラム」カテゴリの記事

技アリ企画」カテゴリの記事

構造動作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/39049999

この記事へのトラックバック一覧です: 【構造動作】「基礎トレ」と「 for SPORTS」:

« 本日のワンテーマは「足裏の垂直離陸」です | トップページ | 明日のワンテーマは「足裏の垂直離陸」 »