« 本日のテーマは「足から松聲館の技を考える」 | トップページ | 【構造動作】股割りメモ »

2010年11月29日 (月)

11/27 第6回構造動作・股割りチャレンジ報告

11月27日(土)
構造動作トレーニングセミナーの「股割りチャレンジ」の日。
主催者なのにちっとも日記を書かないので、写真日記にすることに。

Dscn2326
えにし先生、初めから股割りスタイルでセミナーが始まった。

P1080250
「股割り」では趾(あしゆび)の握りが大事。

P1080252
皆でえにし先生の指を引きはがそうとするがビクともしない。

Dscn2343

Dscn2336

Dscn2341

Dscn2335
とにかく「股割り」。もちろん準備の説明があってからだが。

Dscn2329

P1080257
硬い人は高さを付けて股割り。
座布団敷いている人も高さを付けるため。
高さを付けて骨盤をおこす!

P1080279
もうひたすら「股割り」。前屈して「10」数える。うーんしんどい。
でも笑ってしまうのはなぜ?

P1080292
「股割り」後、しゃがんでみる。
重心が足指先側にかかっていることを確認。

P1080295
立ってみる。おお、重心が自然と前に落ちている。
動けるからだへの第一歩。

終わってみれば、足がすっきり軽くなって、飛ぶように歩ける。
股関節が動くことの可能性を感じたセミナーだった。

|

« 本日のテーマは「足から松聲館の技を考える」 | トップページ | 【構造動作】股割りメモ »

技アリ企画」カテゴリの記事

構造動作」カテゴリの記事

股割り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/37890055

この記事へのトラックバック一覧です: 11/27 第6回構造動作・股割りチャレンジ報告:

« 本日のテーマは「足から松聲館の技を考える」 | トップページ | 【構造動作】股割りメモ »