« 新聞掲載の影響 | トップページ | 【ワンテーマ講習会】ナンバ歩き様々 »

2010年9月28日 (火)

【講座】古武術の動作を活かす骨盤トレーニング

朝日新聞の骨盤おこしの記事の反響は大きく、昨日の朝日カルチャーセンター新宿教室でも、参加者から声をかけられた。考えてみるといろいろな教室の受講生の中に、構造動作トレーニング(骨盤おこしトレーニング)のセミナーに参加した人が、けっこういるのだった。

わたしにとっても、武術の技も、武術の日常動作への応用も、構造動作(骨盤おこし)トレーニングの視点と動作を導入して、非常に明確になった点が多く説明もしやすくなった。つまり現在のわたしの中では甲野善紀先生から学んだ武術と、中村考宏先生から学んだ構造動作トレーニングという、おそらく端から見ると矛盾していると思う人もいるであろうふたつの運動理論がぴったりと寄り添っているのである。
そのためわたしが骨盤おこしトレーナーとして構造動作トレーニングを教えるとき、動作の例として武術の技も加わるし、反対に武術の稽古をしていても、その説明に構造動作理論が絡む。そこにわたしの個性が出てくる。

来月は東京の荒川区にある「よみうりカルチャー 町屋」で「骨盤おこし」をテーマにした古武術の動作を活かす骨盤トレーニングという講習会がある。
朝日新聞で紹介された骨盤おこしトレーニングの基本から、楽に歩く、立つなど健康面への応用、武術の技と股関節の関係、スポーツへの応用など、参加する人の興味に応じて講座を進めていく予定である。
構造動作トレーニングの入門編としても十分楽しめるので、「骨盤おこし」に興味のある方もぜひご参加ください。 

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

 

|

« 新聞掲載の影響 | トップページ | 【ワンテーマ講習会】ナンバ歩き様々 »

構造動作」カテゴリの記事

講座情報」カテゴリの記事

骨盤おこし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/36966224

この記事へのトラックバック一覧です: 【講座】古武術の動作を活かす骨盤トレーニング:

« 新聞掲載の影響 | トップページ | 【ワンテーマ講習会】ナンバ歩き様々 »