« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月27日 (金)

◎【技アリ企画】第4回「構造動作トレーニング東京セミナー」

【技アリ企画】「第4回 構造動作(アナトミカル・アクティビティ)トレーニング東京セミナー」のお知らせです。

「構造動作・股割りチャレンジセミナー」は骨盤おこしセミナー、構造動作トレーニングセミナーに参加したことのある方に限らせていただきます。
初めての方はまず「構造動作・基礎トレーニングセミナー」にご参加ください。
「基礎トレーニングセミナー」は繰り返しご参加いただけます。

〈講師からひとこと〉
動作とは「身体」の「動き」ということです。
  時代と共に「何か」が変化し、体幹を置き去りにした手足はもはや「四肢」とも言えず、「てさき、うでさき」の動きになっています。
そして、私たちは「身体」ではなく「小手先」で動くことにより「人体構造」上の多くの問題をつくり出しています。

答えは「身体」が知っています!
「身体」は闇雲に探っても応えない。「人体構造」という地図を手がかりに「身体」を辿ってみましょう。
構造「Anatomical」と動作「Activity」という「身体」の道しるべをもとに、骨格位置を見直し、関節運動を確認し「身体」からの応えを聞く。
日常的動作から専門的動作まで、身体の問題や課題を解決する上で、構造動作「Anatomical Activity」トレーニングは力強い味方になってくれるでしょう。
 
中村考宏(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)

中村考宏講師の動画

              ◆

◎「構造動作・基礎トレーニングセミナー 〜骨盤おこし、胸割り、趾トレ〜」
〈セミナー内容〉

どなたでも参加していただけます。
立つ、歩く、走る、座るなど動作と姿勢(骨格)とを連動させた、構造動作トレーニングの指導を行ないます。骨盤のポジションの確認の仕方も指導します。
また、姿勢や動作でいま抱えている課題、問題点など、講師に質問してください。
スポーツや介護などのいつもの動作を講師にみてもらい、改善点の指導を受けることもできます。
スポーツなどで使用する道具や、演奏する楽器などを持参していただけばより具体的なアドバイスが受けられるでしょう。

■講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●日時:2010年9月25日(土) 18時15分〜21時15分(18時受付け開始)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場築地社会教育会館 第1洋室

※会場の同じ階のシャワー室で着替えができます。荷物は会場に置いてください。シャワー室のロッカーは専用コインしか使用できませんので、必要な方は一階受付けでコインをもらってください。
※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

              ◆

◎「構造動作・股割りチャレンジセミナー」
〈セミナー内容〉

「骨盤おこしトレーニング」と「構造動作トレーニング」参加者が対象です。はじめての方は参加できません。
「股割り」を中心に構造動作トレーニングの三大運動である「立位体前屈」「腰割り」を併せて指導します。

■講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●日時:2010年9月26日(日) 13時30分〜16時30分(13時00分受付け開始)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場新川区民館 1+2号和室

※会場に着替えるスペースを用意しますので、動きやすい服装でご参加ください。
※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

              ◆

●申し込み
件名に希望するセミナー名、
9/25「基礎トレーニング」
9/26「股割りチャレンジ」
と書いて
中島章夫へメールでお願いします。
そのとき、
「氏名」
「住 所」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

              ◆

★参考サイト:「治療士 中村考宏オフィシャルサイト」    

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

9月1日ワンテーマ講習会のテーマを変更

9月1日のワンテーマ講習会のテーマを「皮膚を操作する」から「三要素同時進行」へ変更しました。
8月に行なったこのテーマがことの他好評だったのと、わたし自身再発見することが多かったためです。
またこれらの稽古のための型は、接触面の操作も学べるので「皮膚を操作する」に興味のある方もどうぞご参加ください。

★9月1日(水) 18時30分〜20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「『三要素同時進行』を体験する」
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:新川区民館 1号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】松聲館の歴史を振り返ってみると、技法の中心にはタテ・ヨコ・前後の「三要素同時進行」があります。「螺旋」「楔」「二力の合成」の術理を型を通じて学びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

【稽古メモ】第3回構造動作セミナー 1日目

昨日21日は構造動作トレ1日目の「股割りチャレンジセミナー」だった。
新トレーニング「片足立ち」からはじまって、「立位体前屈」「腰割り」など重心を前に置くトレーニングをたくさんする。
これらが皆「股割り」へとつながる構成。
言ってしまえばシンプルに動くだけなのだがそれが難しく、また楽しくもある。
今日の「基礎トレーニングセミナー」も新しい発見がありそうで楽しみになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

【稽古メモ】理屈より技の稽古

16日にワンテーマ講習会で「三要素同時進行」をはじめて取り上げた。
これは7月に行なった特別講座「技で振り返る松聲館の歴史」第一回で取り上げたとき、なんだか面白かったのでワンテーマでやることにしたのだった。

この日も「二力の合成」から一要素加えて「三要素」に持って行ったわけだが、説明には当然具体的な技の稽古をする。
「正面の斬り」をはじめとする井桁崩し系の技から、剣の袈裟斬りの説明(「らせん」の説明)から、体術での「座技袈裟斬り」。
これは腕の力を抜いて相手の腕に接触し、肘の重さ(下)と体の前進(前)、そして肘の開き(左右)の三要素をほぼ同時に行なって相手を崩すのだ が、技の稽古としては三要素とか言っていられなくて、ただひたすら力を抜いて相手と接触し、あとは自然に起こる肘の落下や肘の開きを自動化するだけとなっ ていく。

動きに以下に自分の意図を入れないかが勝負だが、それが難しく、しかし取り組み甲斐があって後半は参加者全員、夢中で「座技袈裟斬り」を行なった。
参加者は皆「すごく面白かった。またやって」というものだったが、その中に「技の稽古をしたっていう感じがした」というものがあった。
そのことばを聞いたとき、「ああ、稽古の面白さは術理を知ることではなくて、技そのものの面白さ、それを稽古する面白さなのだ」と当たり前のことを思った。

特にワンテーマ講習会は「離陸とは」「井桁崩しとは」「皮膚の操作とは」などの原理的な理解を求めてはじめたので、余計に「説明」と「理解」に片寄っていたかもしれない。
それよりもその術理を含む技を時間をかけて稽古することの方が本筋だったのだ、という稽古の原点を思い出させてもらった一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

8月19日の半身動作研究会@恵比寿について

半身動作研究会・恵比寿稽古会は年末年始を除いて稽古を続けていますが、8月19日の恵比寿稽古会は、わたしの都合で自主稽古とさせていただきます。
終了までには顔を出す予定です。
お問い合せなどは、メールかコメントでお願いします。

◎8月19日恵比寿自主稽古参加要領
・参加者は会場使用料として当日責任者に500円お支払いください。
・半身動作研究会の備品を使って自由に稽古していただけます。
・参加できるのは半身動作研究会に登録済みの人のみです。
・登録済みでもはじめての参加の方はなるべくこの日を避けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

◎【技アリ企画】〜本場のおみやげ トロント編1〜

2010年9月の半身動作研究会【技アリ企画】ロシア武術システのお知らせです。
「技アリ企画」のシステマは、基本的に体力がない人向けクラスとして行なっていきますので、どなたでも安心してご参加いただけます。
もちろん体力のある方も大歓迎です。

今月は一回のみです。
※会場と時間がいつもと違うのでご注意ください。

※システマについてはこちらを参照してください。

〈講師あいさつ〉
8月中旬にトロントで「サミットオブマスターズ2010」が開催されます。これはミカエル・リャブコ、ヴラディミア・ヴァシリエフ、コンスタンチン・コマノフといった3人のシステママスターが一堂に会する大イベント。
世界各国からの愛好家が参加するこのイベントでは、早朝から夜中までビッチリと組まれたスケジュールで実に様々なトレーニングが行なわれます。
今回のクラスでは時間の許す限り、そのイベントからの「おみやげ」をお届けします。
どんな内容になるか分りませんが、システマ界の最新情報をたっぷりシェアできるかと思いますので、楽しみにしてください。
老若男女問わず、皆さんにお楽しみ頂けるレベルで行ないます。
(北川貴英)

〈日程〉※会場と時間がいつもと違うのでご注意ください。
……………………………………………………………………………………
◎技アリ企画「システマ〜本場のおみやげ トロント編1〜」
●日時:2010年9月18日(土) 19時15分〜21時15分(19時受付け開始)
●講師:北川貴英(システマ公認インストラクター)
● 会場:文京区スポーツセンター 多目的室
● 参加費:2000円

※(2回目は10月2日予定)
……………………………………………………………………………………
■お申込み
 参加を希望するクラスを
9/18「トロント土産 1」
 と明記して、
 「お名前」と「Eメールアドレス」を添えて
 世話人の中島章夫までメールでお申込みください。
………………………………………………………………………………
〈講師プロフィール〉
1975年生、東京都出身。2008年6月にモスクワにて創始者ミカエル・リャブコより日本人では2人目のシステマ公式インストラクターとして認可。朝日カルチャー新宿ほか各種スクールや、防衛大学課外授業などで指導。
★参照ブログ:ロシアの武術 システマブログ

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

◎9月の活動予定です

2010年9月の「半身動作研究会の稽古予定」と「技アリ企画予定」です。

10月の予定はコチラで。
(カルチャー教室などの予定はコチラをご覧ください)

●お問い合せ・お申し込みは講習会名、セミナー名と開催日を明記して、半身動作研究会(中島)まで。

※「半身動作研究会の稽古予定」「技アリ企画予定」「他団体企画」に別けてお知らせしています。
※講習会によって参加費は違いますので、ご注意ください。
※【ひとこと】で予告している稽古内容は、変わることがあります。

◇◆「半身動作研究会の稽古」◆◇
「半身動作研究会」ではトータルに、「ワンテーマ講習会」ではひとつの術理から技を稽古します。
◇◆「半身動作研究会の技アリ企画」◆◇
「技アリ企画」は外部講師を招いて半身動作研究会が主催する講習会です。

★毎週木曜日 19時~21時
半身動作研究会 恵比寿稽古会
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:抱一龕道場(渋谷区恵比寿)
● 参加費:1000円
【ひとこと】半身動作研究会の拠点で実験の場。松聲館の術理を下敷きにした稽古のアイデアを放出します。を参加には名前の登録が必要。申し込みは半身動作研究会の中島まで。

★9月1日(水) 18時30分〜20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「『三要素同時進行』を体験する」
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:新川区民館 1号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】松聲館の歴史を振り返ってみると、技法の中心にはタテ・ヨコ・前後の「三要素同時進行」があります。「螺旋」「楔」「二力の合成」の術理を型を通じて学びます。

★9月6日(月) 18時30分〜20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「最新報告」
●講師:中島章夫
●会場:明石町区民館 6号室
※聖路加タワーに向かって右側に「リサイクルハウスかざぐるま明石町」があります。「明石町区民館」はその後ろの建物です。
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】半身動作研究会で最新のテーマ「重心移動」と、甲野先生の最新の技の報告など。

★9月11日(土) 18時30分〜20時30分(18時受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「杖による練法」
●講師:中島章夫
●会場:京橋プラザ区民館 多目的ホール
●定員:20名ぐらい
●参加費:2000円
【ひとこと】杖を大きく振ることのできる会場です。杖の扱いの基本から始めて、「巴」から「追い杖」などの動きのある型を行ないます。

★9月15日(水) 18時30分〜20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「相手の重心を移動させる」
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:新川区民館 1号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】運動とは重心の移動なので、自分の重心移動を相手に伝えると相手に運動が起こってしまいます。それが崩しとなります。重心移動の伝え方を稽古します。

★9月18日(土)13時30分〜16時30分(13時00分受付け開始)
◎半身動作研究会 明石町稽古会
●講師:中島章夫
●会場:明石町区民館 6号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】「ナンバ動作」「井桁術理」「股関節の使い方」「足裏の垂直離陸」など、半身動作研究会の技を構成するからだの使い方を稽古します。

★9月18日(土)19時15分〜21時15分(19時受付け開始)
◎技アリ企画「システマ〜本場のおみやげ トロント編1〜」
●講師:北川貴英(システマ公認インストラクター)
●会場:文京区スポーツセンター 多目的室
●定員:30名ぐらい
●参加費:2000円
【ひとこと】トロントでの「サミットオブマスターズ2010」帰りの講師がシステマ界の最新情報とトレーニングを紹介します。会場と時間がいつもと違います。(2回目は10月2日予定)

★9月20日(月)18時30分〜20時30分(18時受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「骨盤おこしレッスン」
●講師:中島章夫
●会場:日本橋社会教育会館 第一和室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】じっくりと骨盤おこしトレーニングをします。初心者歓迎。自分の骨盤のポジションを知り、より股関節が動く姿勢を知りましょう。もちろん武術の技でその効果を試したりします。

★9月25日(土) 13時30分〜16時(13時00分受付け開始)
◎半身動作研究会 新川稽古会
●講師:中島章夫
●会場:新川区民館 4号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】「ナンバ動作」「井桁術理」「股関節の使い方」「足裏の垂直離陸」など、半身動作研究会の技を構成するからだの使い方を稽古します。

★9月25日(土) 18時15分〜21時15分(18時受付け開始)
◎技アリ企画「構造動作・基礎トレーニングセミナー 〜骨盤おこし、胸割り、趾トレ〜」
●講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●会場:築地社会教育会館 第1洋室
●定員:25名
●参加費:3000円
【ひとこと】立つ、歩く、走る、座るなど動作と姿勢(骨格)とを連動させた、構造動作トレーニングを行ないます。姿勢や動作でいま抱えている課題、問題など、講師への質問も大歓迎。どなたでも参加していただけます。

★9月26日(日) 13時30分〜16時30分(13時00分受付け開始)
◎技アリ企画「構造動作・股割りチャレンジセミナー」
●講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●会場:新川区民館 1+2号和室
●定員:25名
●参加費:3000円
【ひとこと】「股割り」を中心に構造動作トレーニングの三大運動である「立位体前屈」「腰割り」を併せて指導します。骨盤おこしトレーニング、構造動作基礎トレーニング体験者が対象です。はじめての方は参加できません。

★9月29日(水) 18時30分〜20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「ナンバ歩き様々」
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:新川区民館 1号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】ナンバ動作(半身動作)の根本を「歩くこと」を通して理解しましょう。今回は「踏足」に加えて「差し足」、斜めに歩く「片踏み」のやり方とその効果を稽古します。


※今月の「野田古武術の会」はお休みです。

 

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

7月31日ワンテーマ講習会「杖を使った練法」の様子

7月31日にワンテーマ講習会「杖を使った練法」を開催。
半身動作研究会でもたまに杖をすることはあるが、杖だけをテーマにした講習ははじめて。数名の希望者がいたので企画したのだが、定員一杯の参加を得て楽しい稽古になった。
松聲館の甲野善紀先生はご存知のように、体術のほかに剣、杖、手裏剣、槍、長刀など武器術もされる。というよりそちらの方がメインとも言えるぐらい。
だからわたしも剣と杖については稽古したことはしたが、どういうわけか体術にばかり興味があって、現在の稽古もそうなってしまっている。
今回のタイトルを「杖を使った練法」としたのもそのためで、杖を使ってからだを練ることを主題としたわけだ。
ただ今回は剣や杖の稽古も熱心に行なっていた岸孝さんが遊びに来るというので、何本か杖の型を指導してもらった。

いままで半身動作研究会主催の講習会の様子を撮影したことがなかったが、せっかくブログがあるのだからと、参加者の許可を得て撮影してみた。

Ca3c0003_2
半身動作研究会の杖の基本「薙ぎ払い打ち」。一斉に並んで稽古するなんてわたしの稽古会では珍しい。

Ca3c0011
「薙ぎ払い打ち」の動きを体術に応用してみる。

Ca3c0019
半身動作研究会の「四点不動原則」(体幹を崩さない)を使って崩す。

Ca3c0053
もちろんちゃんと型も。これは「巴」。

Ca3c0065
ゲストの岸さんによる「下段抜き」の説明。

Ca3c0080_2
「水車」。

Ca3c0086
槍の突きを応用した練法。

道具を使った稽古というのは、独特のものがあっていいものだ。
参加者も楽しんでもらえたようなのでたま企画したいと思う。
次回はもう少し天井の高い会場で、大きくのびのびと杖を振る稽古をしたい。

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »