« 【構造動作】胸割り運動の前に | トップページ | ◎9月の活動予定です »

2010年8月 3日 (火)

7月31日ワンテーマ講習会「杖を使った練法」の様子

7月31日にワンテーマ講習会「杖を使った練法」を開催。
半身動作研究会でもたまに杖をすることはあるが、杖だけをテーマにした講習ははじめて。数名の希望者がいたので企画したのだが、定員一杯の参加を得て楽しい稽古になった。
松聲館の甲野善紀先生はご存知のように、体術のほかに剣、杖、手裏剣、槍、長刀など武器術もされる。というよりそちらの方がメインとも言えるぐらい。
だからわたしも剣と杖については稽古したことはしたが、どういうわけか体術にばかり興味があって、現在の稽古もそうなってしまっている。
今回のタイトルを「杖を使った練法」としたのもそのためで、杖を使ってからだを練ることを主題としたわけだ。
ただ今回は剣や杖の稽古も熱心に行なっていた岸孝さんが遊びに来るというので、何本か杖の型を指導してもらった。

いままで半身動作研究会主催の講習会の様子を撮影したことがなかったが、せっかくブログがあるのだからと、参加者の許可を得て撮影してみた。

Ca3c0003_2
半身動作研究会の杖の基本「薙ぎ払い打ち」。一斉に並んで稽古するなんてわたしの稽古会では珍しい。

Ca3c0011
「薙ぎ払い打ち」の動きを体術に応用してみる。

Ca3c0019
半身動作研究会の「四点不動原則」(体幹を崩さない)を使って崩す。

Ca3c0053
もちろんちゃんと型も。これは「巴」。

Ca3c0065
ゲストの岸さんによる「下段抜き」の説明。

Ca3c0080_2
「水車」。

Ca3c0086
槍の突きを応用した練法。

道具を使った稽古というのは、独特のものがあっていいものだ。
参加者も楽しんでもらえたようなのでたま企画したいと思う。
次回はもう少し天井の高い会場で、大きくのびのびと杖を振る稽古をしたい。

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

|

« 【構造動作】胸割り運動の前に | トップページ | ◎9月の活動予定です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

稽古情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月31日ワンテーマ講習会「杖を使った練法」の様子:

« 【構造動作】胸割り運動の前に | トップページ | ◎9月の活動予定です »