« 8月の予定に追加 | トップページ | 7月31日ワンテーマ講習会「杖を使った練法」の様子 »

2010年7月31日 (土)

【構造動作】胸割り運動の前に

第2回構造動作トレーニングセミナーで、中村先生から「胸割り運動」の前段階のトレーニング方法が提案された。

胸割り運動

もっとも基本となる運動は、正座またはイスに腰掛けて股関節(ヒップジョイント)から胴体を倒すというシンプルなもの(「骨盤おこし前後運動」)である。
「胸割り運動」はこれに胸椎の動きを付けて胸を出していく。
しかしこれは胸椎の可動性が出てこないと、腰椎で反ってしまうことが多く、そうなると腰を痛める可能性がでてくる。
実際には胸椎をちょっとずつ動かせばいいのだが、この「ちょっと動かす」が感じられるぐらいなら世話は無い。それがわからなから腰から動いてしまうわけだ。

そこで今回の基礎トレーニングでえにし先生が紹介したのが顔の向きを変えない前後運動である。
このやり方自体は以前のセミナーでもやっていたが、胸割り運動の前段階のトレーニングであるとはっきり言ったのは今回はじめて。

まず骨盤立位の座り姿勢で、首にしわができない位置に頭を持ってくる。かといって顎を出しすぎて首の後ろに力が入ってはいけない。
顎は出しすぎず引きすぎずがポイント。

3本の首のしわ 顎 胸 骨盤

その頭の向きのまま空間を滑らすように前後運動をする。
つまり顔だけはいつも正面を向いているようにするのである。
このようにすると、腰が反ることを防ぎやすく股関節から屈曲するという感覚を養いやすい。
これによって前後運動の方向性をしっかりからだが理解してから、胸割り運動に移行すると胸椎の動きがよりわかりやすいかもしれない。

Ca3c0059
頭のポジションを決めた前後運動

Ca3c0081_5

胸割り運動

次回構造動作トレーニングセミナー

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

|

« 8月の予定に追加 | トップページ | 7月31日ワンテーマ講習会「杖を使った練法」の様子 »

構造動作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【構造動作】胸割り運動の前に:

« 8月の予定に追加 | トップページ | 7月31日ワンテーマ講習会「杖を使った練法」の様子 »