« ◎【技アリ企画】第3回「構造動作トレーニング東京セミナー」 | トップページ | 8月の予定に追加 »

2010年7月29日 (木)

構造動作セミナーのやり方を少し修正しようかと思う

遅ればせながら24日、25日の「第2回構造動作トレーニング東京セミナー」は無事終了しました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
中村先生、ありがとうございました。

一日を「基礎トレ」、もう一日を「股割り」となっての2回目。
「股割りチャレンジ」は、股割りとともに構造動作三大運動である「立位体前屈」「腰割り」も紹介してもらう。
次回も中村先生にはこの形式を試みていただこうと思う。

ただ「股割りチャレンジ」は次回から原則的に、基礎トレセミナーやこれまでの骨盤おこしトレーニングに参加して、骨盤のおきたポジションやその確認の仕方(坐骨結節の場所など)など基本的なことを知っている人に限ることにした。
中村先生は一応初参加の人向けに説明してくれたが、やはりその時間をトレーニングに回せる方がいいと感じる。
「股割り」にすごく興味を持った方には申し訳ないが、まずは「基礎トレーニング」に参加してください。

また30分前に一旦メインのセミナーを終えて、あとを質問の時間に当てるのもいいかもしれない。セミナー中よりも終了間際や終了後に質問が出てくるのは、甲野先生の講習会と同じで、終わるとみなさんも講師もリラックスするからだろう。
まあ、講習会や稽古会終了後のお茶会、飲み会が本当の稽古と言われたりするから、そういう時間になればいいと思う。

|

« ◎【技アリ企画】第3回「構造動作トレーニング東京セミナー」 | トップページ | 8月の予定に追加 »

技アリ企画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

構造動作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/35943572

この記事へのトラックバック一覧です: 構造動作セミナーのやり方を少し修正しようかと思う:

« ◎【技アリ企画】第3回「構造動作トレーニング東京セミナー」 | トップページ | 8月の予定に追加 »