« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

【構造動作】胸割り運動の前に

第2回構造動作トレーニングセミナーで、中村先生から「胸割り運動」の前段階のトレーニング方法が提案された。

胸割り運動

もっとも基本となる運動は、正座またはイスに腰掛けて股関節(ヒップジョイント)から胴体を倒すというシンプルなもの(「骨盤おこし前後運動」)である。
「胸割り運動」はこれに胸椎の動きを付けて胸を出していく。
しかしこれは胸椎の可動性が出てこないと、腰椎で反ってしまうことが多く、そうなると腰を痛める可能性がでてくる。
実際には胸椎をちょっとずつ動かせばいいのだが、この「ちょっと動かす」が感じられるぐらいなら世話は無い。それがわからなから腰から動いてしまうわけだ。

そこで今回の基礎トレーニングでえにし先生が紹介したのが顔の向きを変えない前後運動である。
このやり方自体は以前のセミナーでもやっていたが、胸割り運動の前段階のトレーニングであるとはっきり言ったのは今回はじめて。

まず骨盤立位の座り姿勢で、首にしわができない位置に頭を持ってくる。かといって顎を出しすぎて首の後ろに力が入ってはいけない。
顎は出しすぎず引きすぎずがポイント。

3本の首のしわ 顎 胸 骨盤

その頭の向きのまま空間を滑らすように前後運動をする。
つまり顔だけはいつも正面を向いているようにするのである。
このようにすると、腰が反ることを防ぎやすく股関節から屈曲するという感覚を養いやすい。
これによって前後運動の方向性をしっかりからだが理解してから、胸割り運動に移行すると胸椎の動きがよりわかりやすいかもしれない。

Ca3c0059
頭のポジションを決めた前後運動

Ca3c0081_5

胸割り運動

次回構造動作トレーニングセミナー

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

8月の予定に追加

8月の活動予定」に8月14日の半身動作研究会 新川稽古会を追加しました。

★8月14日(土) 13時15分~16時(13時00分受付け開始)
◎半身動作研究会 新川稽古会
●講師:中島章夫
●会場:新川区民館 1号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】「ナンバ動作」「井桁術理」「股関節の使い方」「足裏の垂直離陸」など、半身動作研究会の技を構成するからだの使い方を稽古します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

構造動作セミナーのやり方を少し修正しようかと思う

遅ればせながら24日、25日の「第2回構造動作トレーニング東京セミナー」は無事終了しました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
中村先生、ありがとうございました。

一日を「基礎トレ」、もう一日を「股割り」となっての2回目。
「股割りチャレンジ」は、股割りとともに構造動作三大運動である「立位体前屈」「腰割り」も紹介してもらう。
次回も中村先生にはこの形式を試みていただこうと思う。

ただ「股割りチャレンジ」は次回から原則的に、基礎トレセミナーやこれまでの骨盤おこしトレーニングに参加して、骨盤のおきたポジションやその確認の仕方(坐骨結節の場所など)など基本的なことを知っている人に限ることにした。
中村先生は一応初参加の人向けに説明してくれたが、やはりその時間をトレーニングに回せる方がいいと感じる。
「股割り」にすごく興味を持った方には申し訳ないが、まずは「基礎トレーニング」に参加してください。

また30分前に一旦メインのセミナーを終えて、あとを質問の時間に当てるのもいいかもしれない。セミナー中よりも終了間際や終了後に質問が出てくるのは、甲野先生の講習会と同じで、終わるとみなさんも講師もリラックスするからだろう。
まあ、講習会や稽古会終了後のお茶会、飲み会が本当の稽古と言われたりするから、そういう時間になればいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

◎【技アリ企画】第3回「構造動作トレーニング東京セミナー」

P1070898_4 【技アリ企画】「第3回 構造動作(アナトミカル・アクティビティ)トレーニング東京セミナー」のお知らせです。

今回から、「構造動作・股割りチャレンジセミナー」は骨盤おこしセミナー、第1回・第2回の構造動作トP1070922_4 レーニングセミナー参加者に限らせていただきます。
初めての方はまず「構造動作・基礎トレーニングセミナー」にご参加ください。
Ca3c0159_3 「基礎トレーニングセミナー」は繰り返しご参加いただけます。

〈講師からひとこと〉
動作とは「身体」の「動き」ということです。
  時代と共に「何か」が変化し、体幹を置き去りにした手足はもはや「四肢」とも言えず、「てさき、うでさき」の動きになっています。
そして、私たちは「身体」ではなく「小手先」で動くことにより「人体構造」上の多くの問題をつくり出しています。

答えは「身体」が知っています!
「身体」は闇雲に探っても応えない。「人体構造」という地図を手がかりに「身体」を辿ってみましょう。
構造「Anatomical」と動作「Activity」という「身体」の道しるべをもとに、骨格位置を見直し、関節運動を確認し「身体」からの応えを聞く。
日常的動作から専門的動作まで、身体の問題や課題を解決する上で、構造動作「Anatomical Activity」トレーニングは力強い味方になってくれるでしょう。
 
中村考宏(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)

中村考宏講師の動画

              ◆

◎「構造動作・股割りチャレンジセミナー」
〈セミナー内容〉

骨盤おこしトレーニング、第1回、第2回構造動作トレーニング参加者が対象です。骨盤おこしがはじめての方は参加できません。
股割り」を中心に構造動作トレーニングの三大運動である「立位体前屈」「腰割り」を併せて指導します。 

■講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●日時:2010年8月21日(土) 18時15分〜21時15分(18時受付け開始)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場築地社会教育会館 第1洋室

※会場の同じ階のシャワー室で着替えができます。荷物は会場に置いてください。シャワー室のロッカーは専用コインしか使用できませんので、必要な方は一階受付けでコインをもらってください。
※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

              ◆

◎「構造動作・基礎トレーニングセミナー 〜骨盤おこし、胸割り、趾トレ〜」
〈セミナー内容〉

どなたでも参加していただけます。
立つ、歩く、走る、座るなど動作と姿勢(骨格)とを連動させた、構造動作トレーニングの指導を行ないます。骨盤のポジションの確認の仕方も指導します。
また、姿勢や動作でいま抱えている課題、問題点など、講師に質問してください。
スポーツや介護などのいつもの動作を講師にみてもらい、改善点の指導を受けることもできます。
スポーツなどで使用する道具や、演奏する楽器などを持参していただけばより具体的なアドバイスが受けられるでしょう。
 

■講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●日時:2010年8月22日(日) 13時30分〜16時30分(13時00分受付け開始)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場新川区民館 1+2号和室

※会場に着替えるスペースを用意しますので、動きやすい服装でご参加ください。
※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

              ◆

●申し込み
件名に希望するセミナー名、
8/21「股割りチャレンジ」
8/22「基礎トレーニング」
と書いて
中島章夫へメールでお願いします。
そのとき、
「氏名」
「住 所」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

              ◆

★参考ブログ:身体の研究〔からだのけんきゅう〕

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

【特別講座】『技で振り返る松聲館の歴史』第一回

7月11日、「特別講座『技で振り返る松聲館の歴史』第一回」が東京、築地で開催された。
これはわたしが体験してきた松聲館の技や術理などを、若き日の甲野先生の思い出とともに語り実演するというもの。定員一杯の参加者でわたし自身、予想外の面白さだった。主催の方条氏に感謝。

Imgp2468 この日は、わたしが学びはじめた松聲館の初期の術理から。
当時行っていた剣術の理合である「らせん」の話も久しぶりに話した。

物を放り上げるとその物の軌跡は上下だが、放り上げながら前進すると放物線となる。
手で円を描きながら、前進するとその軌跡がらせんとなる。
下段に構えた剣を上段まで引き上げてからの袈裟斬りは、らせんの軌跡を描くがこれも剣の「上下」の動き、半身が入れ替わる「左右」の動き、前進する「前後」の動きが合成された結果の袈裟斬りである。
これらの考察から、「二力の合成」「三要素同時進行」という術理が導かれたこと。

Imgp2465 剣術から体術への応用にあたって、皮膚と皮膚の接触についての術理が「なじみ」である。参加者は甲野先生の著書の熱心な読者も多く、関連して「溶暗技法」へと話が出て久しぶりに接触面の「フェードイン、フェードアウト」をやった。
というか、当時はよくわからなかったのだが、いまやってみるとその意味が「なるほど」と思えることが多く、「溶暗技法」もそうだ。ただどうしても現在のわたしの解釈なので、当時の甲野先生の技とは同じとはいえないだろうが。

そこで「死んだ魚が生き返る」という甲野先生のたとえを思いだし、皆で稽古。握られた腕を徹底的に力を抜き、どう触られても反応しない「死んだ腕」にする。そして死んでいると思っていた魚が突然ピチピチと跳ね上がるように、腕が上がって攻めに転じるのである。
そういえばこの復活の瞬間を「腕が閃く」とも先生は言っていたと思う。
この「閃く」は、剣が急速にその角度を変えて打ち込まれるときに「剣が閃く」というように使われた。そしてこれは「らせん」とともに剣術の二大原理である「くさび」の理でもある。

Imgp2468_3 進行の方条さんに促されて話は「水鳥の足」へ。
これは新体道の青木先生と甲野先生の出会いが関係してくるので、縮地法の話などを絡めて話す。
あっ、いま思えば『寄生獣』連載当時の月刊アフタヌーンにあった柔道(柔術?)マンガに、主人公が高下駄で階段を踏み外し一気に下まで落ちて、突如として縮地法を理解するというのがあったのをネタにすればよかった(笑)。
タイトルを思い出せないが、甲野先生の『武術を語る』を元ネタにしたマンガだったなあ。

こんな風にこの講座は、松聲館の技の歴史について、整理してみなさんに伝えるというより、わたしの稽古の思い出話を聞いてもらうという感じなので、話が過去から現在へ、技も関連したものへとあっちこっち飛んでしまう。
そこに参加者の質問が入り、そこかしこで稽古も始まってしまうという、まあ松聲館らしいといえば言える展開となって、目論見としては井桁前夜(「無拍子打ち」)ぐらいまで行くつもりだったのだが、当日の資料として配られた年表の三行しか進まないという結果となった。これにはわたしもびっくり(笑)。

進行したのはちなみに以下の項目。もちろんこれに尾ヒレがついてしまったわけだが。

1978/10/ : "なじみ""不安定の使いこなし""二力の合成"
1979/ / :  "なじみ""斬り""二力の合成""センサーとしての筋肉""結果としてのラセン"
1982/02/ :  新体道の青木宏之氏に出会う。"水鳥の足"

終了直後に現在甲野先生の講習会に出席している人から質問を受け、初期の剣術の「らせん」と「くさび」をどう体術に展開したかを、立位での「正面の斬り落とし」で違いを解説。するとこの「くさび」の感触が現在の甲野先生の技の感触とすごく近い、との感想をもらう。
(現在と言っても、「今」の精神のコントロールとか言い出す前ですが)
これらはもちろん「三要素同時」「二力の合成」「皮膚のなじみ」その他いくつかの要素も絡みあっていて、改めてやってみたら俄然おもしろくなってしまった。

【以下宣伝です】
で、あんまりおもしろいので、8月のワンテーマで「三要素同時進行」を取り上げ、この「らせん」と「くさび」の稽古を紹介することにした。

★8月16日(月) 18時15分〜20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「『三要素同時進行』を体験する」
●会場:明石町区民館 6号室

http://hanmidosa-waza-ari.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/8-5184.html

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

◎【技アリ企画】システマ・スティックワーク

2010年8月の半身動作研究会【技アリ企画】ロシア武術システのお知らせです。
「技アリ企画」のシステマは、基本的に体力がない人向けクラスとして行なっていきますので、どなたでも安心してご参加いただけます。
もちろん体力のある方も大歓迎です。

今回も2回のシリーズですが、いつものように一回だけでも参加できます。

【スティックについて】
※武道で使う「杖」や、ステッキなど棒状のものをお持ちの方はご持参ください。ホームセンターで売っている丸棒でも構いません。(形状は動画を参照してください)
※10本ぐらいはこちらでも用意します。杖をお持ちでないかたは申し込み時にその旨お書き添えください。

※システマについてはこちらを参照してください。

〈講師あいさつ〉
8月はスティックワークです。
スティックは武器としてはもちろん、古武術において身体の動きを練るのに杖が役立つのと同様、システマにおいても身体の使い 方を学ぶ上でとても有効です。
スティックを用いたエクササイズやスティックを用いた“捕縛”など、これまでご紹介する機会のなかったテクニックを色々とご 紹介しようと思います。
合気道や杖道で用いられる「杖(じょう)」、もしくはそれに似たものをご用意ください。たった一本のスティックで動きと発想の幅が 格段に広がることに、きっと驚いていただけるのではないかと思います。

第1回:スティックワーク1 基本的な使い方、エクササイズなど
第2回:スティックワーク2 システマならではの使い方、エクササイズなど

〈日程〉1日だけの参加もできます。
    (日曜日と土曜日ですのでお間違えないように)
……………………………………………………………………………………
◎技アリ企画「システマ・スティックワーク1〜基本的な使い方、エクササイズなど」
●日時:2010年8月8日(日)18時15分~20時30分(18時受付け開始)
●講師:北川貴英(システマ公認インストラクター)
●会場京橋プラザ 多目的ホールA面
東京都中央区銀座一丁目25番3号
電話 03-3561-5163
●参加費:2000円
……………………………………………………………………………………
◎技アリ企画「システマ・スティックワーク2 システマならではの使い方、エクササイズなど」 
●日時:2010年8月14日(土)18時15分~20時30分(18時受付け開始)
●講師:北川貴英(システマ公認インストラクター)
●会場京橋プラザ 多目的ホールA面
東京都中央区銀座一丁目25番3号
電話 03-3561-5163
●参加費:2000円
……………………………………………………………………………………
※京橋プラザ区民館の建物内部で開場を待つことができないので、17時55分以後に入館するようにお願いします。
※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りています。
※両日とも、動きやすい服装でご参加ください。
※写真撮影はご遠慮ください。
……………………………………………………………………………………
■お申込み
 参加を希望するクラス
8/8「スティックワーク 1」
8/14「スティックワーク 2」
 を明記して、
 「お名前」と「Eメールアドレス」を添えて
 世話人の中島章夫までメールでお申込みください。

【スティックについて】
※武道で使う「杖」や、ステッキなど棒状のものをお持ちの方はご持参ください。ホームセンターで売っている丸棒でも構いません。
※10本ぐらいはこちらでも用意します。杖をお持ちでないかたは申し込み時にその旨お書き添えください。

………………………………………………………………………………
〈講師プロフィール〉
1975年生、東京都出身。2008年6月にモスクワにて創始者ミカエル・リャブコより日本人では2人目のシステマ公式インストラクターとして認 可。朝日カルチャー新宿ほか各種スクールや、防衛大学課外授業などで指導。
★参照ブログ:ロシアの武術 システマブログ

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

◎8月の活動予定です

2010年8月の「半身動作研究会の稽古予定」と「技アリ企画予定」です。

9月の予定はコチラで。
(カルチャー教室などの予定はコチラをご覧ください)

●お問い合せ・お申し込みは講習会名、セミナー名と開催日を明記して、半身動作研究会(中島)まで。

※「半身動作研究会の稽古予定」「技アリ企画予定」「他団体企画」に別けてお知らせしています。
※講習会によって参加費は違いますので、ご注意ください。
※【ひとこと】で予告している稽古内容は、変わることがあります。

◇◆「半身動作研究会の稽古」◆◇
「半身動作研究会」ではトータルに、「ワンテーマ講習会」ではひとつの術理から技を稽古します。

★毎週木曜日 19時~21時
半身動作研究会 恵比寿稽古会
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:抱一龕道場(渋谷区恵比寿)
● 参加費:1000円
【ひとこと】半身動作研究会の拠点で実験の場。松聲館の術理を下敷きにした稽古のアイデアを放出します。を参加には名前の登録が必要。申し込みは半身動作研究会の中島まで。

★8月2日(月) 18時15分~20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「股関節を畳む〜骨盤おこしと武術」
●講師:中島章夫
●会場:明石町区民館 6号室
※聖路加タワーに向かって右側に「リサイクルハウスかざぐるま明石町」があります。「明石町区民館」はその後ろの建物です。
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】「骨盤おこしトレーニング」を「股関節を畳む」という切り口で捉えると、武術との関連が見えてきます。股関節の自由度を増すための基本稽古も紹介。

★8月14日(土) 13時15分~16時(13時00分受付け開始)
◎半身動作研究会 新川稽古会
●講師:中島章夫
●会場:新川区民館 1号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】「ナンバ動作」「井桁術理」「股関節の使い方」「足裏の垂直離陸」など、半身動作研究会の技を構成するからだの使い方を稽古します。

★8月16日(月) 18時15分~20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「『三要素同時進行』を体験する」
●講師:中島章夫
●会場:明石町区民館 6号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】松聲館の歴史を振り返ってみると、技法の中心にはタテ・ヨコ・前後の「三要素同時進行」があります。関連事項である「螺旋」「楔」「二力の合成」の実際にやってみましょう。

★8月21日(土) 13時15分~16時(13時00分受付け開始)
◎半身動作研究会 明石町稽古会
●講師:中島章夫
●会場:明石町区民館 6号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】「ナンバ動作」「井桁術理」「股関節の使い方」「足裏の垂直離陸」など、半身動作研究会の技を構成するからだの使い方を稽古します。

★8月25日(水) 18時15分~20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「ナンバ動作と武術」
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:新川区民館 1号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】「ねじらない、溜めない、うねらない」ことがどのような効果を生むのか。何のためにそうするのか。ナンバ歩きがそのまま技に直結することを稽古します。

★8月28日(土) 13時15分~16時(13時00分受付け開始)
◎半身動作研究会 明石町稽古会
●講師:中島章夫
●会場:明石町区民館 6号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】「ナンバ動作」「井桁術理」「股関節の使い方」「足裏の垂直離陸」など、半身動作研究会の技を構成するからだの使い方を稽古します。

★8月28日(土) 18時15分~20時30分(18時00分受付け開始)
◎ワンテーマ講習会「皮膚を操作する」
●講師:中島章夫
●会場:明石町区民館 6号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】相手が動きを受け入れてしまう皮膚接触の許容範囲や触れ方の種類を丁寧に実習します。

              ○
              ●
              ○

◇◆「半身動作研究会の技アリ企画」◆◇
「技アリ企画」は外部講師を招いて半身動作研究会が主催する講習会です。

★8月8日(日) 18時15分~20時30分(18時受付け開始)
技アリ企画「システマ・スティックワーク1〜基本的な使い方、エクササイズなど
●講師:北川貴英(システマ公認インストラクター)
●会場:京橋プラザ区民館 多目的ホール
●定員:30名ぐらい
●参加費:2000円
【ひとこと】スティックは武器としてはもちろん、古武術において身体の動きを練るのに杖が役立つのと同様、システマにおいても身体の使い方を学ぶ上でとても有効です。

★8月14日(土) 18時15分~20時30分(18時受付け開始)
技アリ企画「システマ・スティックワーク2〜システマならではの使い方、エクササイズなど」
●講師:北川貴英(システマ公認インストラクター)
●会場:京橋プラザ区民館 多目的ホール
●定員:30名ぐらい
●参加費:2000円
【ひとこと】スティックを用いたエクササイズやスティックを用いた“捕縛”など、これまでご紹介する機会のなかったテクニックを色々と紹介予定。

★8月21日(土) 18時15分〜21時15分(18時受付け開始)
技アリ企画「構造動作・股割りチャレンジセミナー」
●講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●会場:築地社会教育会館 第1洋室
●定員:25名
●参加費:3000円
  【ひとこと】構造動作の中心的なトレーニングである「股割り」をテーマに指導します。骨盤おこしがはじめての方は参加できません。骨盤おこしトレーニング、第1回、第2回構造動作トレーニング参加者は参加できます。

★8月22日(日) 13時30分〜16時30分(13時00分受付け開始)
技アリ企画「構造動作・基礎トレーニングセミナー 〜骨盤おこし、胸割り、趾トレ〜」
●講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●会場:新川区民館 1+2号和室
●定員:25名
●参加費:3000円
【ひとこと】立つ、歩く、走る、座るなど動作と姿勢(骨格)とを連動させた、構造動作トレーニングを行ないます。姿勢や動作でいま抱えている課題、問題など、講師への質問も大歓迎。どなたでも参加していただけます。

              ○
              ●
              ○

◇◆「他団体企画」◆◇

★8月8日(日) 13時15分〜15時45分
野田古武術の会主催「半身動作研究会@柏」
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
●会場:柏中央公民館 5階 和室3+4
●参加費:2500円
●申し込み:ききつ まで。
【ひとこと】参加者の希望に応じた、半身動作研究会の技を構成するからだの使い方を稽古します。

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

中島章夫のカルチャースクールでの講習会

ちょっと遅いアップですが、ご参考までに。

【中島章夫のカルチャースクールでの講習会】
講座内容や日程などはそれぞれの教室のサイトをご覧ください。

………*………*………*………*………*………*………
◎よみうりカルチャー 町屋
講座名「古武術の動作を活かす骨盤トレーニング

●講師:中島章夫(半身動作研究会主宰、骨盤おこしトレーナー)
●日時:2010年10月31日(日) 13時〜14時30分
●会場:よみうりカルチャー 町屋
 〒116−0002 荒川区荒川7−20−1 
●受講料: 1回 3,150円
●お申し込み・お問い合せは
よみうりカルチャー 町屋
 〒116−0002 荒川区荒川7−20−1 
 Tel03−3802−7115
詳しくはこちらをご覧ください。

………*………*………*………*………*………*………
◎ 東急セミナーBE 渋谷校
講座名「〜らくらく!技アリ生活術入門〜暮らしに活かす古武術の技」
▶東京都渋谷区道玄坂1-2-2 渋谷東急プラザ 7・8階
☎03−3477−6277

………*………*………*………*………*………*………
◎ 東急セミナーBE 青葉台
講座名「〜技アリの身体でらくらく生活〜暮らしに活かす古武術の技」
▶横浜市青葉区青葉台2-5-1 青葉台東急スクエアSouth-1 別館5階
☎045−983−4153

………*………*………*………*………*………*………
◎ 朝日カルチャーセンター 新宿
講座名「古武術からの発想—『身体の運用法』—」
※斎藤豊氏(稽古会 江東友の会)とのW講師
▶東京都新宿区西新宿2−6−1新宿住友ビル4階(受付)
☎03−3344−1941

………*………*………*………*………*………*………
◎ 早稲田大学オープンカレッジ 八丁堀校
講座名「古武術に学ぶ身体運用法〜ナンバ動作と武術的身体感覚」
▶東京都中央区八丁堀3-17-9 京華スクエア3F
☎03−5117−2073

………*………*………*………*………*………*………
◎ JTBカルチャー倶楽部 越谷レイクタウン
講座名「古武術で快適生活」
↑の「7月からの講座」をクリックすると講座案内のPDFファイルを見ることができます。

■講師:中島章夫
■日程:第1、第3日曜日
■時間:13時から14時30分
■場所:JTBカルチャー倶楽部イオンレイクタウン教室
 048-990-1305
 越谷市東町2丁目8番地 イオンレイクタウン
 「mori」2階-2405区画
■問合せ先:JTBカルチャー倶楽部 mori
 048−990−1305
 越谷市東町2丁目8番地 イオンレイクタウン
 「mori」2階-2405区画
 営業時間:10:00〜21:30
 電話時間:10:00〜21:00

※会期中、体験参加(有料)、見学(無料)はいつでもできます。
 詳しくはJTBカルチャー倶楽部へお問合せください。

………*………*………*………*………*………*………
◎ヨークカルチャーセンター八柱
講座名「〜歩くことから介護まで〜古武術で快適生活」
■日程:第1、第3金曜日(随時受け付け)
■時間:10時から12時
▶千葉県松戸市日暮1-15-8 イトーヨーカドー八柱店 3F
☎047−385−2321

………*………*………*………*………*………*………
◎ヨークカルチャーセンター鎌ヶ谷
講座名「〜古武術の技を暮らしに生かす〜楽々・快適生活術講座」
■日程:第1、第3金曜日(随時受け付け)
■時間:13時30分から15時30分
▶〒273-0101 千葉県鎌ヶ谷市富岡1-1-3 鎌ヶ谷ショッピングプラザ2F
☎047−444−8511

………*………*………*………*………*………*………
◎ヨークカルチャーセンター大宮
講座名「〜日常の動作から介護まで〜古武術の知恵」
■日程:第1、第3月曜日(随時受け付け)
■時間:13時30分から15時30分
▶埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-263-6 イトーヨーカドー大宮店2F
☎048−645−7125

………*………*………*………*………*………*………
◎四街道カルチャーセンター
講座名「〜日常の動作から介護まで〜古武術の知恵」
■日程:第1、第3火曜日(随時受け付け)
■時間:13時から15時
▶千葉県四街道市大日429 四街道M2プラザ3F
☎043−421−6001

………*………*………*………*………*………*………
高根台カルチャーセンター
講座名「〜歩くことから介護まで〜古武術に学ぶラクラク生活」
(「夏の新講座案内」を参照)
■日程:第2、第4火曜日(随時受け付け)
■時間:13時30分から15時30分
▶千葉県船橋市高根台121 エポカ高根台 3F
☎047-469-1631

………*………*………*………*………*………*………

【活動の紹介】
●日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」(2008年1月19日放送)で、半身動作研究会の恵比寿での稽古風景が紹介されました。

●朝日カルチャーセンターの講座が、朝日新聞のサイト「どらく」に紹介されました。
「どらく」大人のお稽古

「バランス取れた姿勢へ」(2009年9月1日 読売新聞)

………*………*………*………*………*………*………

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

◎【技アリ企画】第2回「構造動作トレーニング東京セミナー」

Ca3c0105_3

【技アリ企画】「第2回 構造動作(アナ トミカル・アクティビティ)トレーニング東京セミナー」のお知らせです。

二日あるセミナーも「構造動作・基礎トレーニングセミナー」「構造動作・股割りチャレンジセミナー」のそれぞれ違うテーマ のセミナーとなります。興味のある方に(あるいは両方でも)ご参加ください。
どちらも初めての方でも参加していただけます。
内容に関してはそれぞれの日程をご覧ください。

第2回「構造 動作(ア ナトミカル・アクティビティ)トレーニング東京セミナー」

〈講師からひとこと〉
動作とは「身体」の「動き」ということです。
時代と共に「何か」が変化し、体幹を置き去りにした手足はもはや「四肢」とも言えず、「てさき、うでさき」の動きになっています。
そして、私たちは「身体」ではなく「小手先」で動くことにより「人体構造」上の多くの問題をつくり出しています。

答えは「身体」が知っています!
「身体」は闇雲に探っても応えない。「人体構造」という地図を手がかりに「身体」を辿ってみましょう。
構造「Anatomical」と動作「Activity」という「身体」の道しるべをもとに、骨格位置を見直し、関節運動を確認し「身体」からの応えを聞く。
日常的動作から専門的動作まで、身体の問題や課題を解決する上で、構造動作「Anatomical Activity」トレーニングは力強い味方になってくれるでしょう。

        中村考宏(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)

中村考宏講師の動画

              ◆

◎「構造動作・基礎トレーニングセミナー
  〜骨盤おこし、胸割り、股割り、腰割り、趾トレ〜」
〈セミナー内容〉
立つ、歩く、走る、座るなど動作と姿勢(骨格)とを連動させた、構造動作トレーニングの指導を行ないます。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/eni4/category/3
また、姿勢や動作でいま抱えている課題、問題点など、講師に質問してください。
スポーツや介護などのいつもの動作を講師にみてもらい、改善点の指導を受けることもできます。
スポーツなどで使用する道具や、演奏する楽器などを持参していただけばより具体的なアドバイスが受けられるでしょう。
★参考ブログ身体の研究〔からだのけんきゅう〕

■講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●日時:2010年7月24日(土) 18時15分〜21時15分(18時受付け開始)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:月島社会教育会館 第二和室
東京都中央区月島四丁目1番1号(月島区民センター4階、5階)
電話番号 03-3531-6367

※会場に着替えるスペースを用意しますので、動きやすい服装でご参加ください。
※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

              ◆

◎「構造動作・股割りチャレンジセミナー」
〈セミナー内容〉
構造動作の中心的なトレーニングである「股割り」をテーマに指導します。
「股割り」や「開脚前屈」、運動能力の向上に興味のある方ならどなたでも参加していただけます。
★参考ブログ股割り (MATAWARI JAPAN)

■講師:中村考宏/治療士(えにし治療院院長/スポーツ&股割り研究所所長)
●日時:2010年7月25日(日) 13時30分〜16時30分(13時00分受付け開始)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:明石町区民館 6+7号室
東京都中央区明石町14番2号
電話 03-3546-9125

※聖路加タワーに向かって右側に「リサイクルハウスかざぐるま明石町」があります。「明石町区民館」はその後ろの建物です。
※会場に着替えるスペースを用意しますので、動きやすい服装でご参加ください。
※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

              ◆

●申し込み
件名に希望するセミナー名、
7/24「基礎トレーニング」
7/25「股割りチャレンジ」
と書いて世話人の中島章夫へメールで お願いします。

そのとき、
「氏名」
「住 所」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »