« ◎7月の活動予定です | トップページ | ◎【技アリ企画】システマ〜みんなのためのセルフ・ディフェンス〜 »

2010年6月10日 (木)

◎特別講座「技で振り返る松聲館の歴史」第一回

◎特別講座「技で振り返る松聲館の歴史」第一回
 〜1978年 「不安定の使いこなし」から〜

 「松聲館の生き字引」である中島章夫先生が、武術家・甲野善紀先生の技の歴史を実演と共に振り返ります。
 参加者は時系列順に技を受けながら、その変化を楽しみつつ技への理解を深める事ができます。
 武術や運動が苦手な方や、初心者の方も歓迎です。「体の不思議さ」を体験する企画として、お気軽にご参加下さい。
 シリーズ企画ですが、単発参加ももちろん可能です。

●開催日:2010年7月11日(日曜日)
●開催時刻:午後6時15分から午後8時30分
●受付開始:午後6時(途中参加可能)
●会場: 「月島社会教育会館」第二和室(月島区民センター4階)
 「半身動作研究会」名義で予約してあります。部屋の前の立て札に「甲章研究室・松聲館の歴史」と貼り紙をしてあります。
●会場へのアクセス:東京都中央区月島四丁目1番1号(月島区民センター4階、5階) 電話番号 03-3531-6367
 会場の参照ページ
  都営大江戸線「月島」10番出口 徒歩 すぐ/東京メトロ有楽町線「月島」3番出口 徒歩 5分
 ※尚、会場はお貸しいただいているだけですので、稽古内容に関する会場への問い合わせは無いようお願いいたします。
●参加料:2000円
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家・骨盤おこしトレーナー)
●主催:武術企画・甲章研究室
●お問い合わせ:世話人・方条瞬刻(ほうじょうとものり)へメールでどうぞ。
●お申し込みメールで、必要事項を記入の上お申し込み下さい。※申込後のキャンセル可能です
 1、メールの件名に「7/11歴史講座申し込み」とご記入下さい。
 以下、本文に
 2、あなたのお名前・フリガナ
 以上が必須事項です。

 以下は任意です。
 3、申し込み送信アドレス以外に、緊急時の希望連絡先(メールや電話番号)がある場合、その連絡先。(講座内容の変更、修正、中止の際に使用します。)
 4、ご希望や当日のご要望、リクエストがあればどうぞ。又、当講座参加の動機や切っ掛けを教えていただけると有り難いです。(今後の参考にいたします。)
 5、今後、武術企画・甲章研究室による稽古会情報のメール配信をご希望の場合は、「メール情報希望」とご記入下さい。(不要の場合は無記入で結構です。)
 また、申込アドレス以外のアドレスへメール情報の配信をご希望の場合、そのアドレスをご記入下さい。(同アドレスの場合「メール情報希望」だけで結構です。)

●お問い合わせ、お申し込みに関する注意:お問い合わせ、お申し込みをいただきますと、必ず一度確認又は解答の返信が届きます。
 もしも3日程経った時点で返信が無い場合、お手数ですがアドレスをご確認の上、もう一度メッセージの送信をお願いいたします。
 また、上記アドレスからのメールが受信拒否とならぬよう、返信希望アドレスの設定をお願いいたします。

●講師プロフィール
 中島章夫(なかじま・あきお)
 1954年生まれ。武術稽古法研究家。骨盤おこしトレーナー・東京支部長。

 1979年に身体技法の研究家・甲野善紀氏主宰の武術稽古研究会・松聲館入門。
 1994年から2003年、武術稽古研究会解散まで甲野善紀氏の公開稽古会恵比寿稽古会幹事。
 2004年から甲野氏の身体運用法を研究する人のために「半身動作研究会」を主宰。
 2006年、ドキュメント映画『甲野善紀身体操作術』(監督:藤井謙二郎)に出演。
 2008年から親交の深い中村考宏氏(治療士・PFスポーツトレーナー・えにし治療院院長)の提唱する「骨盤起こしトレーニング」を、世に広く伝えるべく同氏の世話役として東京セミナーを開始。
 同年、「骨盤おこし」東京支部長となる。
 2009年1月、正式に「骨盤おこしトレーナー」の認定を受ける。
 現在朝日カルチャーセンター他、多数の武術講座にて講師を務める。
 著書:「技アリの身体になる」(共著・田中聡/発売元:バジリコ)、「縁の森 」(共著・甲野善紀/発売元:合気ニュース)

●本講座について
 本講座は、北川貴英氏(システマインストラクター)により以前発案された「縁の細道」を原型とし、その拡張版として企画された物です。

 武術家・甲野善紀先生の術理を長年研究されてきた中島章夫先生に、当時のエピソードを語りつつ、歴史順に技を実演していただきます。
 記念すべき第一回となる今回は、有名な「井桁崩し」の術理よりもはるか以前である、1978年 「不安定の使いこなし」「なじみ」「二力の合成」から始まります。
 現在ではほとんど見る事のできない、これらの術理に触れる貴重な体験の場となります。
 同時にこれらの技は、現在の甲野先生の術理を理解する上でも重要な手がかりとなる事でしょう。

 一般の「武道」「道場」のイメージとは違い、柔らかい技が中心となりますが、積極的に技を受けるのも、近くで技を見学だけしながら先生の話を楽しむのも自由です。
 体力に自信のない方も、様子を見ながら「この技なら大丈夫そうだな」と思った時は、ぜひとも先生の技に触れてみてください。
 見た目では分からない「感触の不思議さ」を体験できる事でしょう。

mixiコミュニティー半身動作研究会・中島章夫
 にもぜひともご参加下さい。当シリーズ他、中島先生の稽古会情報を多数発信しております。
 管理人は同稽古会世話人(方条)です。

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

|

« ◎7月の活動予定です | トップページ | ◎【技アリ企画】システマ〜みんなのためのセルフ・ディフェンス〜 »

講座情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/35170657

この記事へのトラックバック一覧です: ◎特別講座「技で振り返る松聲館の歴史」第一回:

« ◎7月の活動予定です | トップページ | ◎【技アリ企画】システマ〜みんなのためのセルフ・ディフェンス〜 »