« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月26日 (火)

大阪での骨盤おこしセミナー

毎月東京で開催している「骨盤おこし(構造動作トレーニング)セミナー」の講師、中村考宏先生が大阪でセミナーを開きます。

◎骨盤おこし(構造動作トレーニング)大阪セミナー
●日時:2010年2月7日(日) 13時30分〜16時30分(13時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:クレオ東 多目的室
大阪駅より環状線で3つ目の京橋で降りて、徒歩7分。

詳しくは中村先生のブログをご覧ください。
 ↓
http://blog.eni4.net/nakamura/2009/11/post-bff0.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

◎第19回骨盤おこし(構造動作トレーニング)東京セミナー

2010年2月の【技アリ企画】「骨盤おこしセミナー」のお知らせです。
2日間ありますが、そろぞれ単独のセミナーです。ご都合の良い日にご参加ください。
立つ、歩く、走る、座るから足指、手指と体全体の関係など、構造動作トレーニングから本当のからだが見えてきます。

              ◆

「骨盤おこしトレーニング」(pelvis mechanical training)は中村考宏・えにし治療院院長が提唱している、構造動作「Anatomical Activity」理論を背景にした関節トレーニングです。

〈講師からひとこと〉

「骨盤おこし」とは後傾している骨盤を立たせる、或いは前傾させることの意味です。
「骨盤後傾」とは骨盤を後に傾けた状態です。
骨盤を後傾させて動く(身体操作)と重心が後に残ったままなので、多くの筋肉の力が必要です。
多くの筋肉の力は関節運動を妨げ、動き(身体操作)にブレーキをかけるのです。
身体の硬い人、怪我の多い選手、腰痛のある人などなど・・。
関節運動を妨げていませんか?
実は、自分が骨盤を後傾させている、ということに気づいていない!
是非、確認してみてください。
ブレーキに気づいた瞬間から、動き(身体操作)は変わります。

中村考宏先生の動画

              ◆

◎【技アリ企画】第19回骨盤おこし(構造動作トレーニング)東京セミナー

■講師:中村考宏/治療士(柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、AAスポーツトレーナー)

【一回目】
●日時:2010年2月27日(土) 13時30分〜16時30分(13時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:築地社会教育会館 洋室1号
 東京都中央区築地4丁目15番1号
 電話 03-3542-4801・03-3542-4802

【二回目】
●日時:2010年2月28日(日) 13時30分〜16時30分(13時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:新川区民館 1+2号室
 東京都中央区新川一丁目26番1号
 電話 03-3551-7000

※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※会場までの道が迷いやすいようですので、会場の電話番号をメモしてお出かけください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

●申し込み
件名に「第19回骨盤おこし申し込み」と書いて世話人の中島章夫へメールでお願いします。

そのとき、
「氏名」
「住所」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

【参考ブログ】
身体の研究〔からだのけんきゅう〕の骨盤おこし関係の記事

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◎2010年2月の活動予定です

半身動作研究会の活動予定です。
※カルチャー教室の活動はこちらをご覧ください。
※1月の活動予定はこちら

※講習会によって参加費は違いますので、ご注意ください。
※【ひとこと】で予告している稽古内容は、変わることがあります。

★毎週木曜日 19時~21時
半身動作研究会 恵比寿稽古会
●講師:中島章夫(武術稽古法研究家、骨盤おこしトレーナー)
抱一龕道場(渋谷区恵比寿)
●参加費:1000円
【ひとこと】恵比寿稽古会は実験的な場なので、だいたいここで新しい稽古法を試します。昔の松聲館の稽古もします。

★2月6日(土)13時~16時
◎半身動作研究会通常稽古@明石町(中島章夫)
明石町区民館 7号室
●定員:10名
●参加費:2000円
【ひとこと】相手との感応を利用した技をやる予定。本来技は全て感応している。

★2月6日(土)18時15分~20時30分
◎技アリ企画「システマ ショートカット〜コース3:武術的用法への応用
●講師:北川貴英(システマ公認インストラクター)
京橋プラザ 多目的ホール
●定員::30名ぐらい
●参加費:2000円
【ひとこと】ゲスト講師を迎えての「ロシア武術システマ」のセミナー。一回だけの参加も可。

★2月13日(土)13時~16時
◎半身動作研究会通常稽古@新川(中島章夫)
新川区民館 1号室
●定員:10名
●参加費:2000円
【ひとこと】もしかすると『技アリの身体になる』の稽古素材をたくさんするかもしれない。

★2月13日(土)18時15分~20時30分
◎ワンテーマ講習会「皮膚に離陸をかける」(中島章夫)
新川区民館 1号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】「離陸」か「皮膚」か迷ったので、相手に触れた接触面に離陸をかける技法をじっくりやること。

★2月14日(日)13時30分~15時30分
野田古武術の会「半身動作研究会@柏」
●講師:中島章夫
柏中央公民館 5階和室3
●定員:10名
●参加費:2500円●申し込み:kikitsu2@gmail.com(ききつ)まで。
【ひとこと】徹底的に歩法を稽古して、姿勢を保つことで技になることを検証する予定。

★2月20日(土)13時~16時
◎半身動作研究会通常稽古@明石町(中島章夫)
明石町区民館 7号室
●定員:10名
●参加費:2000円
【ひとこと】恵比寿みたいな稽古ですが、この日は「正面の斬り」と「柾目返し」をじっくりやってみるつもり。

★2月21日(日)18時15分~20時30分
◎ワンテーマ講習会「ナンバ動作を身に付ける」(中島章夫)
新川区民館 2号室
●定員:15名
●参加費:2000円
【ひとこと】先月は中止になったので、今月はぜひやりたい。ひとりでも申し込みがあればやります。

★2月27日(土)13時30分〜16時30分
◎技アリ企画「第19回 骨盤おこしセミナー
●講師:中村考宏(えにし治療院院長、AAスポーツトレーナー)
築地社会教育会館 洋室1号
●定員:25名
●参加費:3000円
【ひとこと】ゲスト講師を迎えての「骨盤おこし(関節)トレーニング」セミナー。姿勢と動作を基本から問い直す。

★2月27日(土)18時15分~20時30分
◎技アリ企画「システマ ショートカット〜コース4:お楽しみ
●講師:北川貴英(システマ公認インストラクター)
●京橋プラザ多目的ホール
 http://www.pb-k.jp/city.chuo.7kuminkan/kyobashi-p.html
●定員::30名ぐらい
●参加費:2000円
【ひとこと】四回シリーズの最終日。この回だけでも参加できます。

★2月28日(日)13時30分〜16時30分
◎技アリ企画「第19回 骨盤おこしセミナー
●講師:中村考宏(えにし治療院院長、AAスポーツトレーナー)
新川区民館 1+2号室
●定員:25名
●参加費:3000円
【ひとこと】立つ、歩く、走る、座るから足指、手指と体全体の関係など、構造動作トレーニングから本当のからだが見えてきます。
              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

暗示にかかる?

きょうは大失敗をした。
すっかり木曜日だと思い込んでいて、東急セミナー渋谷から電話がきてから家を出る。
しかもそれがもう講座が始まる時刻だ。
幸い(と言って良いのだろうか?)30分で行ける場所なのと、教室の次の講座まで時間が空いているとのことで、講座参加者には本日20分の延長ということで許していただいた。
残りの時間は後日少しずつの延長することにする。
本当に参加者の貴重な時間を使わせてしまった上、担当者に「いつも終了時刻に気付かないほど熱心に教えてもらっているから、大丈夫ですよ」と執りなしてもらって、うれしいやら申し訳ないやら、の一日であった。

それにしても、昨日は青葉台の講座で、それは当然火曜日である。帰宅後、翌日の渋谷のためのプリントを確認したのだから、当然今日が水曜日であることは知っていた。
それなのになぜ、寝て起きたら木曜日だと思っていたのか。

講座修了後に(それまでは何も考えるヒマがなかったあせあせ(飛び散る汗))考えてみたら、心当たりがあった。
昨日0時を回って1時近くに仕事の打ち合せの電話が入った。相手は近しい間柄のデザイナーで、こうして夜中に打ち合せをすることも珍しくない。
その電話で「明日の木曜日にはデータを送れると思うので、あさって金曜日にまた打ち合せを」という話しをしたのだった。
この時点では、曜日はたしかに水曜日になっていたので「明日の木曜日」で間違いはない。
それから眠って起きてももちろん水曜日なのだが、潜在意識に「明日の木曜日」がポンと入ってしまったのだろう。目が覚めたらすっかり明日になった気がしてしまったらしい。それで朝から木曜日の予定の支度をしていたら、冒頭の電話があったというわけである。

いままでも同じシチュエーションでの打ち合せはあったが、そんなことはなかった。だからこそ油断していた心にスッと「明日の木曜」が暗示として納まってしまったとしか言いようがない。

それともこういうのがボケの始まりなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

◎技アリ生活術~骨盤おこしレッスン@町屋

東京、荒川区町屋にある「読売文化センター町屋」での、骨盤おこしに特化した公開講座のお知らせです。
こちらは骨盤おこしの師匠、中村考宏先生のブログです。
 「骨盤おこしの手順

        ◆

◎技アリ生活術~骨盤おこしレッスン
●日時:2010年1月31日(日)
    13時~14時30分
●会場:読売文化センター町屋
    東京都荒川区荒川7-20-1
    03-3802-7115
●受講料: 1回 3,150円

        ◆

読売文化センターサイトにある「公開講座」の下の方にも写真付きの案内があります。
「運動不足気味」という項目の最初に出ています。

生活の中で役に立てられる「骨盤おこしトレーニング」の基本を、わかりやすく紹介します。
「骨盤おこし」に興味のある方は、ぜひご参加ください。

              ■

              □

              ■

              □

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

◎行ったり来たりする@早稲田大学オープンカレッジ

1月9日 その1

早稲田大学オープンカレッジ八丁堀校での初日。
ここは元小学校の体育で広いからという理由だけで、定員を30名としていた。
だいたいいつも15名ぐらい、多くて20名ほどだったのが、今回は昨年暮れに28名になっていた。
で、初日は30名ジャスト。まったくびっくりである。

たとえば甲野先生や介護の岡田慎一郎さんがテレビで取り上げられた直後であれば、一時そういう反応があることもあるが、そういうこともなさそうだ。
それに他のカルチャー教室はこれまで通りの人数である。

あまりに不思議なので参加者に聞いてみると、新聞広告を見たという人がけっこういた。後で事務所に尋ねてみたら、昨年冬にはじめていくつか広告を打ったという。
そうか、広告か。
でも他のカルチャー教室でも新聞広告を出しているところもあるわけで、ひとつには「早稲田大学」というブランドもあるかもしれない。

冬の体育館は寒い。
だから常連さんだと冬は休む人が多い。その寒さを知っているからである。
現在はヒーターと総合格闘技の人たちが使っていたというマットを敷くことで、少しはマシになっているとはいえ、知らずに申し込んだたくさんの方には気の毒である。
それでも2月はまるまる体育館での講座を休講にして、中央区(建物自体が中央区の施設)が空調工事をする予定なので、3月に講座の続きが始まる時には改善されているはずだ。

今年はどこの稽古でも、基本となる動作を見直しているので、早稲田でもまずは半身動作の基本となる、左右軸の感覚を養う歩法を丁寧にやった。
しかしマットは体育館の床を覆うほどの枚数はなく、中央に島のような感じで敷かれている
歩いてばかりいると、さすがに寒そうな人が増えてきたのでその「島」に上陸。骨盤おこし式の「立位体前屈」をやってからだを暖めた。
そこから股関節の話しになって、寝ている人の上体を起こすのには片方の股関節を使うと起こしやすいという稽古素材を体験してもらった。

すると家庭介護をしている人から質問があり、何回目かでやるつもりだった古武術介護の「上体起こし」の実習をすることにした。
歩法は中途で終わってしまったが、半身動作、骨盤おこしによる股関節動作をやってからやる介護技術系の技の変化を確かめるのも、連続講座だからこそできることだ。
こんな風に行ったり来たりしながら進むのが、わたしの稽古法ともいえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

◎1月の「骨盤おこし勉強会」

しばらくお休みしていた「骨盤おこし勉強会」。
今月は久しぶりに開催します。

骨盤おこしセミナー」の提唱者の中村考宏先生のようなきめ細かい指導はできませんが、この勉強会では骨盤おこしの基本トレーニングや、日常生活で出来るトレーニングをガンガンやっていきます。

また趾トレーニング・ブロック(純正「木製・牧神の蹄」や手作り「ゴム蹄」)での、トレーニングも紹介します。

              ◆

★1月30日(土)18時15分~20時30分
◎「骨盤おこし勉強会」
●講師:中島章夫
明石町区民館 6号室
●定員:10名
●参加費:2000円(2010年から金額が変わりました)

              ◆

●申し込み
件名に「骨盤おこし勉強会」と書いて世話人の中島章夫へメールでお願いします。

そのとき、
「氏名」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

◎基本に戻る

7日の恵比寿稽古会。

「正面の斬り」と「柾目返し」を稽古する。
松聲館の技法の基本中の基本である、この二つの型を行なったのは、今年の初稽古だからなんだが、だからといって毎年やっているとかいうのではない。
むしろ、ずっとやっていなかった。

この日より前の5日と6日は東急セミナーbeの青葉台校と渋谷校の講座の一回目があたのだが、ここでは「抜足/踏足」を中心に「ナンバ動作=半身動作」の稽古をした。
前期ではカルチャー教室であるため、どうしても日常動作や介護への応用、骨盤おこしによる動作改善などが中心となっていた。
今年は「半身動作」をもう一度しっかりとやっていこうと歩法から行なったのだ。
恵比寿でも歩法かな、と思っていたのだが、カルチャー教室ではない半身動作研究会の稽古としては、やはり「正面の斬り」と「柾目返し」だと出かける前に思った。

久しぶりに「正中面」の説明などしつつ、やはりこれは絶対的に必要な概念と稽古であると確信した。
これらはシンプルな型であるためにそれだけ難しさもあるが、シンプルだからこそ勝手な解釈が入る余地も少なく、学ぶことも多いのである。
考えてみれば半身動作研究会で行なっている様々な稽古素材も、この二つの型に迫るための補助輪であったはずである。
それがいつの間にか稽古素材から技が展開しはじめていたようだ。
今年はこの二つの型に辿り着くための稽古をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

◎技アリ生活術~骨盤おこしレッスン

あけましておめでとうございます

……と言っても、もう仕事が始まった方も多いのに、遅いあいさつで恐縮です。
本年もよろしくお願いします。

今月は東京、荒川区にある「読売文化センター町屋」で、骨盤おこしに特化した講座をやります。
一日だけの公開講座です。

        ◆

◎技アリ生活術~骨盤おこしレッスン
●日時:2010年1月31日(日)
    13時~14時30分
●会場:読売文化センター町屋
    東京都荒川区荒川7-20-1
    03-3802-7115
●受講料: 1回 3,150円

        ◆

読売文化センターサイトにある「公開講座」の下の方にも写真付きの案内があります。
「運動不足気味」という項目の最初に出ています。
骨盤おこしは「運動不足気味」というジャンルでもいいですけど、岡田慎一郎さんの「腰を痛めない介護術」もここに入っているのを見てなんだか笑ってしまいました。

生活の中で役に立てられる「骨盤おこしトレーニング」の基本を、わかりやすく紹介します。
「骨盤おこし」に興味のある方は、ぜひご参加ください。

              ■

              □

              ■

              □

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »