« ◎2010年2月の活動予定です | トップページ | 大阪での骨盤おこしセミナー »

2010年1月21日 (木)

◎第19回骨盤おこし(構造動作トレーニング)東京セミナー

2010年2月の【技アリ企画】「骨盤おこしセミナー」のお知らせです。
2日間ありますが、そろぞれ単独のセミナーです。ご都合の良い日にご参加ください。
立つ、歩く、走る、座るから足指、手指と体全体の関係など、構造動作トレーニングから本当のからだが見えてきます。

              ◆

「骨盤おこしトレーニング」(pelvis mechanical training)は中村考宏・えにし治療院院長が提唱している、構造動作「Anatomical Activity」理論を背景にした関節トレーニングです。

〈講師からひとこと〉

「骨盤おこし」とは後傾している骨盤を立たせる、或いは前傾させることの意味です。
「骨盤後傾」とは骨盤を後に傾けた状態です。
骨盤を後傾させて動く(身体操作)と重心が後に残ったままなので、多くの筋肉の力が必要です。
多くの筋肉の力は関節運動を妨げ、動き(身体操作)にブレーキをかけるのです。
身体の硬い人、怪我の多い選手、腰痛のある人などなど・・。
関節運動を妨げていませんか?
実は、自分が骨盤を後傾させている、ということに気づいていない!
是非、確認してみてください。
ブレーキに気づいた瞬間から、動き(身体操作)は変わります。

中村考宏先生の動画

              ◆

◎【技アリ企画】第19回骨盤おこし(構造動作トレーニング)東京セミナー

■講師:中村考宏/治療士(柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、AAスポーツトレーナー)

【一回目】
●日時:2010年2月27日(土) 13時30分〜16時30分(13時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:築地社会教育会館 洋室1号
 東京都中央区築地4丁目15番1号
 電話 03-3542-4801・03-3542-4802

【二回目】
●日時:2010年2月28日(日) 13時30分〜16時30分(13時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:新川区民館 1+2号室
 東京都中央区新川一丁目26番1号
 電話 03-3551-7000

※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※会場までの道が迷いやすいようですので、会場の電話番号をメモしてお出かけください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

●申し込み
件名に「第19回骨盤おこし申し込み」と書いて世話人の中島章夫へメールでお願いします。

そのとき、
「氏名」
「住所」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

【参考ブログ】
身体の研究〔からだのけんきゅう〕の骨盤おこし関係の記事

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

|

« ◎2010年2月の活動予定です | トップページ | 大阪での骨盤おこしセミナー »

講座情報」カテゴリの記事

骨盤おこし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/33067461

この記事へのトラックバック一覧です: ◎第19回骨盤おこし(構造動作トレーニング)東京セミナー:

« ◎2010年2月の活動予定です | トップページ | 大阪での骨盤おこしセミナー »