« ◎12月の半身動作研究会「ワンテーマ講習会」 | トップページ | ◎12月稽古の追加情報 »

2009年12月 8日 (火)

◎趾(あしゆび)の基本トレーニング

※半身動作研究会の12月の活動予定はこちらです。

 Ca3c0066 趾(あしゆび)トレーニングブロック「牧神の蹄」




Photo_2ゴム製趾トレーニングブロック




最近はどの講座、稽古会でもまず趾(あしゆび)トレーニングブロックでの稽古からはじめる。

木製の「牧神の蹄」と、手作りゴム製のブロックを使う。
使い方はどちらも一緒だが、ゴム製だと両足で乗って歩く「蹄トレーニング」ができない。できないことはないが、しばらく乗っていると貼り合わせたところがはがれてしまう。

ゴム製は趾への引っかかりもいいし、重さもあるのでやりやすいようだ。木製は滑るし軽くて動いてしまうし、難しい。
しかしやってみるとわかるが、微妙な調整が必要なだけに木製の「牧神の蹄」の方が断然おもしろい。

●「蹄」の基本トレーニング
いま講座で紹介しているのは、前回の骨盤おこしセミナーでえにし先生に教わった基本トレーニングである。

まず壁や机などの前に立ち、両手をついて手に体重をかける。つまり壁や机に手をついて寄りかかるわけだ。
趾トレブロックを左足の前に置く。
右足でブロックをつまみにいき、右足前に運ぶ。
次にそれを左足でつまみにいき、左前に運ぶ。これを繰り返す。

ただ立ってこれを行うと、片足で立つことに労力を奪われてしまう人も多いし、かかとに重心が乗って後傾してしまったりする。そのために両手をついて寄りかかるのである。

趾トレブロックを複数置いて行ったり、積み重ねたブロックを運んで、反対側に積み上げるというバリエーションもある。

●「つまむ」と「つかむ」
この基本トレーニングをやる以前の課題が、ブロックをどうつまむか、ということである。
予備知識なく足の指でブロックをつまみ上げてと言われると、10人が10人掴んでしまう。わたしもそうだった。

「掴む」というのは「握る」と言ってもいいが、ブロックの縁を足の指で握ってしまう。
握ってブロックを持ち上げられる人もいるが、握れない人も多い。

「それは掴んでいるでしょう。摘(つま)むんですよ」と言われると、親指と人差し指でブロックの縁を挟む人もいる。
「手で摘む」ことを考えるとそう思っても不思議ではない。この場合の「摘む」は足の小指、薬指、中指をブロックの縁に引っかけ、親指と人差し指は添えるだけ(あるいは使わない)でブロックをいわば「つり上げる」ことを指す。

このように動作についてのことばでの説明には、使う人の思い(思い込み?)が多分にある。「牧神の蹄」の販売を、えにし先生かその他の骨盤おこしトレーナーによる対面販売に限っているのはそのためである。
趾トレーニングは、趾を使えるようにすること、小指と股関節をきちんとつなげていくことにあるので、ただ「掴む」練習を重ねても骨盤おこし的にはあまり意味がないわけだし。

この趾トレーニングが股関節のトレーニングに直結することについては、これからどんどん成果が表れてくることと思う。

              ◆

【宣伝】第17回骨盤おこしセミナー
12月12日と13日に開催されます。
http://hanmidosa-waza-ari.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/17-d64f.html

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

 

|

« ◎12月の半身動作研究会「ワンテーマ講習会」 | トップページ | ◎12月稽古の追加情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

骨盤おこし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◎趾(あしゆび)の基本トレーニング:

« ◎12月の半身動作研究会「ワンテーマ講習会」 | トップページ | ◎12月稽古の追加情報 »