« ◎【技アリ企画】第13回骨盤おこし(関節トレーニング)東京セミナー | トップページ | ◎ワンテーマ講習会「皮膚を操作する(接点圧力/臨界圧力)」 »

2009年8月15日 (土)

◎【技あり企画】岡田流介護術の世界〜介護流柔術から古武術介護まで〜

9月の「半身動作研究会の技アリ企画」は、『古武術介護』で話題の岡田慎一郎さんを講師に招いて講習会を行います。

岡田慎一郎さんの介護術は、武術の身体操法を基本に独自の工夫を加え、「今あるからだをより上手に使う方法」です。
初期の「介護流柔術」という愛称で呼ばれていたころと比べると、現場での経験と声を取り入れながらよりわかりやすく具体的になってきています。
今回の「技アリ企画」では、初期からの技術の変化を紹介してもらいながら、基本的なからだの使い方を体験していきます。
そのため介護だけでなく「からだを合理的にどう使うか」といった身体操作術の視点からも、たいへん参考になる講習会となるでしょう。

                  ◆

◎岡田流介護術の世界
  〜介護流柔術から古武術介護まで〜
●日時:2009年9月26日(土) 18時15分〜21時15分
●参加費:3000円
●場所:日本橋社会教育会館 講習室
    http://chuo-shakyo.shopro.co.jp/nihonbashi/index.php
●お申し込み
 件名に「9/26介護申し込み」と書いて、
 「お名前」「ご住所」「電話番号」を明記して、Eメールでお申し込みください。
 Eメールアドレス:hanmidosa@gmail.com(中島章夫)

【講師プロフィール】
岡田 慎一郎 Okada Shinichiro
1972年生まれ。理学療法士、介護福祉士,介護支援専門員。身体障害者,高齢者施設の介護職員,介護講師を務めるなかで、従来の身体介助法に疑 問を抱き、独自に身体介護法を工夫。2003年、武術研究家の甲野善紀氏と出会い,その古武術の身体操法に感銘を受け、師事する。2004年頃から、古武 術の身体操法を応用した「古武術介護」を提案したところ大きな反響を呼んだ。
2006年夏、『古武術介護入門』(医学書院)を刊行。医療・介護の枠を超えて一般にも広く影響を与えた。その後、全国で講習会を開きつつ、 『古武術介護塾』(スキージャーナル社)、『親子でいきいき 古武術あそび』(日本放送出版協会、2007)、『介護福祉士基本問題集』『介護福祉士実技 試験合格ガイド』(晶文社)などの書籍を刊行する。現在、『看護学雑誌』『助産雑誌』にて連載中。
オフィシャルサイト http://shinichiro-okada.com/

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

 

|

« ◎【技アリ企画】第13回骨盤おこし(関節トレーニング)東京セミナー | トップページ | ◎ワンテーマ講習会「皮膚を操作する(接点圧力/臨界圧力)」 »

技アリ企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183269/30961513

この記事へのトラックバック一覧です: ◎【技あり企画】岡田流介護術の世界〜介護流柔術から古武術介護まで〜:

« ◎【技アリ企画】第13回骨盤おこし(関節トレーニング)東京セミナー | トップページ | ◎ワンテーマ講習会「皮膚を操作する(接点圧力/臨界圧力)」 »