« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

◎9月の「骨盤おこし」勉強会

「骨盤おこし」とは中村考宏・えにし治療院院長が提唱する関節トレーニングです。
骨盤おこしセミナー参加者はもちろん、未経験の方でも参加していただけます。

【主な内容】
・自分の骨盤のまっすぐな位置の見つけ方。
・「骨盤おこし前後運動」で間違えやすいポイントとその解決策。
・「骨盤おこし胸割り運動」のやり方と工夫。
・立ったり座ったり歩いたり、日常生活で行うトレーニングもいろいろ。
・骨盤おこしの働きを武術の技で確かめます。

◎「骨盤おこし」勉強会
●講師:中島章夫(半身動作研究会主宰/骨盤おこしトレーナー)
●日時:9月5日(土) 18時15分〜20時30分(途中参加、途中退室自由)
●定員:10名ぐらいまで(どなたでも参加していただけます)
●参加費:1000円
●会場:新川区民館 1号室
東京都中央区新川一丁目26番1号 
※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りています。

●申し込み
「9/5骨盤勉強会申し込み」
「お名前」
 を明記して
 半身動作研究会(中島章夫)宛メールでお申し込みください 。

※動きやすい服装でご参加ください。

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

◎【技アリ企画】第14回骨盤おこし(関節トレーニング)東京セミナー

9月の【技アリ企画】「骨盤おこしセミナー」のお知らせです。
通常より早めの月半ばでの開催です。
土・日に行ないますが独立したセミナーですので、ご都合の良い日を選んでください。

「骨盤おこしトレーニング」(pelvis mechanical training)は中村考宏・えにし治療院院長が提唱している、構造動作「Anatomical Activity」理論を背景にした関節トレーニングです。

≪構造動作「Anatomical Activity」理論≫とは次の5本の柱からなります。
1、骨盤おこしポジション 
2、骨盤おこし運動
3、連動伸張反射 (in-sync stretch reflex)
4、立つ、歩く、走る基本動作
5、各種動作

セミナーは1と2を中心に、他の項目と関連付けながら行ないます。

■講師:中村考宏/治療士(柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、AAスポーツトレーナー)

【一回目】
●日時:2009年9月12日(土) 18時15分〜21時15分(18時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:日本橋社会教育会館講習室
  東京都中央区日本橋人形町一丁目1番17号(日本橋小学校等複合施設7階)
  電話 03-3669-2102

【二回目】
●日時:2009年9月13日(日) 13時30分〜16時30分(13時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:新川区民館1・2号室
  東京都中央区新川一丁目26番1号
  電話 03-3551-7000

※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※会場までの道が迷いやすいようですので、会場の電話番号をメモしてお出かけください。
※場所を借りているだけなのでセミナーの内容などの問合せはしないでください。

●申し込み
件名に「第14回骨盤おこし申し込み」と書いて世話人の中島章夫へメールでお願いします。
そのとき、
「参加希望日(一回目、二回目)」
「氏名」
「住所」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

【参考ブログ】
身体の研究〔からだのけんきゅう〕の骨盤おこし関係の記事
http://takahiro-n.cocolog-nifty.com/nakamura/cat20782567/index.html

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

◎ワンテーマ講習会「皮膚を操作する(接点圧力/臨界圧力)」

野田古武術の会主催で、以下の講習会を行います。

◎ワンテーマ講習会「皮膚を操作する(接点圧力/臨界圧力)」
●講師:中島章夫(半身動作研究会/骨盤おこしトレーナー)
●日時:9月27日(日) 13時30分〜15時30分
●会場:野田市総合公園体育館・柔道場
 千葉県野田市清水958番地
 電話 04-7125-1155
 ・東武野田線「清水公園駅」から徒歩15分
●参加費:2500円
【コメント】
「皮膚接点の臨界圧力」の操作は松聲館の初期(1983年頃)の技法で、現在に至るまで甲野善紀先生の技の基本となっています。
相手の反発を起こさせず、コントロールする皮膚接触の仕方を稽古します。
(看護学雑誌「特集 触れる 皮膚感覚とケア」2008年11月号に「少しだけなら動く—「武術稽古素材」から触れ方を考える 」という論文で稽古の一部を紹介しています。http://www.igaku-shoin.co.jp/journalDetail.do?journal=32671)

■申し込み
件名に 9/27「皮膚を操作する」参加申し込み と書いて、
「氏名」
「E-メールアドレス」
を明記して
野田古武術の会事務局 kikitsu2@gmail.com(ききつ)
まで申し込んでください。

【講師プロフィール】
1979年、甲野善紀氏主宰の武術稽古研究会・松聲館入門。1994年から2003年、武術稽古研究会の解散まで甲野氏の公開稽古会恵比寿稽古会幹事。現在、半身動作研究会主宰。著書に『縁の森』(甲野善紀氏との共著、合気ニュース)、『技アリの身体になる』(田中聡氏との共著、バジリコ)。
半身動作研究会サイト:http://ebisukeiko.ld.infoseek.co.jp/

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

◎【技あり企画】岡田流介護術の世界〜介護流柔術から古武術介護まで〜

9月の「半身動作研究会の技アリ企画」は、『古武術介護』で話題の岡田慎一郎さんを講師に招いて講習会を行います。

岡田慎一郎さんの介護術は、武術の身体操法を基本に独自の工夫を加え、「今あるからだをより上手に使う方法」です。
初期の「介護流柔術」という愛称で呼ばれていたころと比べると、現場での経験と声を取り入れながらよりわかりやすく具体的になってきています。
今回の「技アリ企画」では、初期からの技術の変化を紹介してもらいながら、基本的なからだの使い方を体験していきます。
そのため介護だけでなく「からだを合理的にどう使うか」といった身体操作術の視点からも、たいへん参考になる講習会となるでしょう。

                  ◆

◎岡田流介護術の世界
  〜介護流柔術から古武術介護まで〜
●日時:2009年9月26日(土) 18時15分〜21時15分
●参加費:3000円
●場所:日本橋社会教育会館 講習室
    http://chuo-shakyo.shopro.co.jp/nihonbashi/index.php
●お申し込み
 件名に「9/26介護申し込み」と書いて、
 「お名前」「ご住所」「電話番号」を明記して、Eメールでお申し込みください。
 Eメールアドレス:hanmidosa@gmail.com(中島章夫)

【講師プロフィール】
岡田 慎一郎 Okada Shinichiro
1972年生まれ。理学療法士、介護福祉士,介護支援専門員。身体障害者,高齢者施設の介護職員,介護講師を務めるなかで、従来の身体介助法に疑 問を抱き、独自に身体介護法を工夫。2003年、武術研究家の甲野善紀氏と出会い,その古武術の身体操法に感銘を受け、師事する。2004年頃から、古武 術の身体操法を応用した「古武術介護」を提案したところ大きな反響を呼んだ。
2006年夏、『古武術介護入門』(医学書院)を刊行。医療・介護の枠を超えて一般にも広く影響を与えた。その後、全国で講習会を開きつつ、 『古武術介護塾』(スキージャーナル社)、『親子でいきいき 古武術あそび』(日本放送出版協会、2007)、『介護福祉士基本問題集』『介護福祉士実技 試験合格ガイド』(晶文社)などの書籍を刊行する。現在、『看護学雑誌』『助産雑誌』にて連載中。
オフィシャルサイト http://shinichiro-okada.com/

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

◎【技アリ企画】第13回骨盤おこし(関節トレーニング)東京セミナー

8月の【技アリ企画】骨盤おこしセミナーのお知らせです。
「骨盤おこし」は中村考宏・えにし治療院院長が提唱している、人間の身体構造に即した基本動作の関節トレーニングです。

(中村講師による「股割り」動画)
http://www.youtube.com/watch?v=jFyaNCkXSP0
東京でのセミナーも二年目に入りました。
下記の日程で土・日に一回ずつのセミナーを行ないます。
ご都合の良い日を選んでご参加ください。

〈講師からひとこと〉
「骨盤おこし」とは後傾している骨盤を立たせる、或いは前傾させることの意味です。
「骨盤後傾」とは骨盤を後に傾けた状態です。
骨盤を後傾させて動く(身体操作)と重心が後に残ったままなので、多くの筋肉の力が必要です。
多くの筋肉の力は関節運動を妨げ、動き(身体操作)にブレーキをかけるのです。
身体の硬い人、怪我の多い選手、腰痛のある人などなど・・。
関節運動を妨げていませんか?
実は、自分が骨盤を後傾させている、ということに気づいていない!
是非、確認してみてください。
ブレーキに気づいた瞬間から、動き(身体操作)は変わります。

  記

◎【技アリ企画】第13回骨盤おこし(関節トレーニング)東京セミナー
■講師:中村考宏(治療士・プロフェッショナルスポーツトレーナー・えにし治療院院長)

【一回目】
●日時
:2009年8月22日(土) 18時15分〜21時15分(18時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:新川区民館 和室1+2号
  東京都中央区新川一丁目26番1号
  電話 03-3551-7000
  ・東京メトロ日比谷線または東京メトロ東西線茅場町駅下車1番出口 徒歩10分
http://www.pb-k.jp/city.chuo.7kuminkan/shinkawa.html

二回目】
●日時
:2009年8月23日(日) 13時30分〜16時30分(13時から受け付け)
●定員:25名
●会費:3000円
●会場:新富区民館 和室8+9号
  東京都中央区新富一丁目13番24号
  電話 03-3297-4038
  ・東京メトロ日比谷線・JR京葉線八丁堀駅下車A3出口 徒歩5分
http://www.pb-k.jp/city.chuo.7kuminkan/shintomi.html

※部屋は「半身動作研究会」の名前で借りていますので、ご注意ください。
※会場までの道が迷いやすいようですので、区民館の電話番号をメモしてお出かけください。
※場所を借りているだけなので稽古内容などの問合せはしないでください。

●申し込み
件名に「第13回骨盤おこし申し込み」と書いて
hanmidosa@gmail.com(中島章夫)へメールでお願いします。
そのとき、
「参加希望日(一回目、二回目)」
「氏名」
「住所」
「Eメールアドレス」
を明記してお申し込みください。

★質問などがあればコメント欄に書き込むか風選あてメッセージでどうぞ。

【参考ブログ】
身体の研究〔からだのけんきゅう〕の骨盤おこし関係の記事
http://takahiro-n.cocolog-nifty.com/nakamura/cat20782567/index.html

              ◆

              ◇

              ◆

              ◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »